アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの貸金業者

このページの最終更新日は2019年7月1日です

アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融で、「はじめての、アコム♪」のCMソングでも有名な大手です。

 

ぜにぞうの注目ポイントは、1社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いこと。公表されている決算情報、営業実績などをぜにぞうが徹底的に分析した結果、興味深いデーがとれたのでチェックしてみてください!

 

またスペックも抜群。なんといってもスピード重視にあり、審査回答までなんと最短30分という名人なみの審査の速さで、融資までの時間は最短1時間というスピード感は圧巻です。

 

返済についても、スピード重視は貫かれていて、「Pay-easy(ペイジー)」を利用することで、インターネットから土日祝日を含む365日24時間、振込手数料無料で返済することができます。

 

スマートフォンの無料アプリ「アコムナビ」が用意されていて、借入・返済や、返済期日の「うっかり忘れ」のサポートなど、かゆい所に手が届くサービスの充実度がバツグン業者です。

 

最大30日間金利0(ゼロ)円サービスもあってスペックに死角なし!といえるくらいの業者だとぜにぞうは思っています。

実質年率

利用限度額

審査時間

融資スピード

総量規制

3.0%〜18.0%

1万円〜800万円

最短30分

融資まで最短1時間

対象

ネット申込の環境

申込年齢

返済方式

ネットのみで完結

20〜69歳

定率リボルビング方式

 

アコムの詳細情報はコチラです

融資までの時間は最短1時間!即日のニーズもOK

アコムの最大の売りが、審査回答を最短30分で済ませてしまうという脅威のスピードです。

 

申し込んでから、実際に借入れできるまでの間で、どの部分に一番時間がかかるかといえば、申込みしてから審査回答が届くまでの時間、つまり審査時間です。

 

基本情報の入力や、本人確認書類の画像送信など、自分自身で行う手続きにも、もちろん時間がとられますが、それは自分次第で時間短縮できるところです。

 

でも、相手任せの審査結果を待っている時間が一番ネックになるので、その部分が最短30分というのは、かなり魅力的です。

 

審査が完了すると、「契約手続きのお願い」というメールが届き、そのメールから契約内容を確認し、同意をクリックすると晴れて契約完了です。

 

あとは、会員メニューからネット操作すれば簡単に、自分の指定口座に振込の手配ができます。

 

そして、24時間、土日も銀行口座振込可能なのが魅力です!
ただ、金融機関・申込時間帯によっては利用できない場合があるので、詳しくは以下の表をチェックしてください。

 

金融機関 曜日 受付時間 振込実施の目安
楽天銀行 月曜 〜 日曜・祝日 0:10 〜 23:49 受付完了から1分程度

三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行

月曜 0:10 〜 8:59 当日 9:30頃
9:00 〜 23:49 受付完了から1分程度
火曜〜金曜 0:10 〜 23:49 受付完了から1分程度
土・日・祝日 0:10 〜 8:59 当日 9:30頃
9:00 〜 19:59 受付完了から1分程度
20:00 〜 23:49 翌日 9:30頃
振込実施時間拡大(モアタイム)金融機関 月曜 〜 金曜 0:10 〜 8:59 当日 9:30頃
9:00 〜 17:29 受付完了から1分程度
17:30 〜 23:49 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:49 翌営業日 9:30頃
その他金融機関 (コアタイム) 月曜 〜 金曜 0:10 〜 8:59 当日 9:30頃
9:00 〜 14:29 受付完了から1分程度
14:30 〜 23:49 翌営業日 9:30頃
土・日・祝日 0:10 〜 23:49 翌営業日 9:30頃

※年末年始、ゴールデンウィークなどの大型連休時は振込実施時間が変更になる場合があります。
※「振込実施の目安」は、アコムから各金融機関に振込処理を実施する時間の目安です。実際に口座に振り込まれる時間は、指定口座の金融機関により異なる場合があります。
※営業日はアコムの営業日です。

 

 

ここまでは、申込みから借入まで、いっさい外出することなく、
パソコン・スマホ・ケータイから、全てインターネットで完結させる前提で説明しましたが、
自動契約機(むじんくん)を組み合わせれば、さらに当日22時(※)まで借入れできる可能性が広がります。(※自動契約機の営業時間は、8時〜22時まで、年中無休[年末年始は除く])

 

以上、説明した二の矢、三の矢があることを考えても、
アコムは、即日でキャッシングしたいニーズにとことん応えてくれることがわかります!

 

最大30日間金利0(ゼロ)円サービス

アコムの魅力度をさらに上げているのが、最大30日間金利0(ゼロ)円サービスです。

 

アコムは、従来、キャンペーンの形で金利0(ゼロ)円サービスを実施していましたが、
2014年10月1日から恒常的なサービスに移行しました。

 

仮に金利18.0%で10万円借入れしたとすると、利息は1479円、
30万円なら利息は4438円になるので、これはバカにならないです!

 

ただ、注意点がひとつあるのですが、無利息期間は契約日の翌日からカウントされます。
借入の翌日からではない点に注意が必要です。

 

「とりあえず契約だけしておいて、必要になったらすぐ使える状態にしておこう!」
という感じて考えていると、いざキャッシングしようとした時には、
すでに無利息期間が終わっていた、なんてことも起こりえます。

 

スマホ無料アプリ「アコムナビ」が超便利

スマホ1つで何でも済ませてしまうという人は多いですが、そんな人にピッタリなのが、
スマホ無料アプリ「アコムナビ」です。

 

今いるところから一番近いATMなどを探せたり、自分専用の会員ページヘのログインもでき、
インターネットでの借入や返済もサクッとできてしまいます。

 

アコムeメールサービス

 

「つい、支払期日を忘れて返済が遅れてしまう」という人には、
返済日の3日前と当日にeメールでお知らせしてくれるeメールサービスもあるので、
「うっかり」もしっかりサポートしてくれます!

 

自動契約機(むじんくん)を賢く使う方法

自動契約機自動契約機

アコムには、自動契約機(むじんくん)があります。
あまりにも分かりやすいネーミングと、あちこちにあるので知っている人も多いと思います。

 

自動契約機は、その場で、申込み→審査→契約→カード受取りまでの全てを行えるので、すぐ現金がほしい場合には、かなり便利です。

 

オペレーターの声による案内とタッチパネル操作だけで手続きでき、
操作方法がわからない時や困ったときは、オペレーターがその場で丁寧に対応してくれるので、
はじめてでも安心して利用できます。

 

なので、即日対応でキャッシングしたい場合は、本当は自動契約機に行くのが
一番手っ取り早い方法です。

 

ただ、実際、自動契約機に行くとなると抵抗があるという場合もあるし、
手続きに必要な書類が足らなくて、せっかく足を運んだのに契約できない、
なんてことも十分考えられます。

 

キャッシング申込みに限らず、普段慣れない手続きをする時って、
必ずといっていいほど、予想しなかったことが起きて、あともう少しというところで
達成できないことが多いです。

 

そういうことを考えると、全て自動契約機で手続きするのではなくて、
申込みをネットで済ませておいて、残りの手続きを自動契約機で済ませるという
合わせ技がベストかもしれません。

 

仮審査結果の回答メールには、残りの契約に必要な書類も書いてあるので、
それをしっかり確認してから自動契約機に足を運ぶというのが確実です。

 

自動契約機の営業時間は、8時〜22時まで年中無休(年末年始は除く)です。

しかも、ここがポイントなんですが、土日・祝日も利用できるので、
土日祝日にどうしても現金が必要!という場合は、おすすめな方法です。

 

自動契約機の設置台数は、1000台以上(2018年3月現在)もあり、
都心部以外にも数多くあるので、ちょっと外出すれば近くにある可能性が意外と高いです。

 

 

アコムの詳細情報はコチラ




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
ファイナンシャル・プランニング技能士(2級)
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書
経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る