バンクイック審査断られた時のリベンジ提案

更新日:2019年10月4日

ぜにぞう

 

このページでは、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査で断られた人に、とっておきの提案をしています。

 

審査落ちした人がリベンジできる内容なので、ぜひチェックしてみてください。


リベンジの作戦は?

バンクイックは、ぜにぞうが一押しの筆頭にあげているローンなので、
「審査、断られました!」と聞くと、正直かなりショックです。

 

もちろん100人申し込んで100人が審査承認になることはないので、
何%かの確率で審査落ちしてしまうのは仕方ないとはいえ、
おすすめしている立場としては心苦しいです。

 

そこで、絶対リベンジしてほしいとぜにぞうは思うので、
バンクイックに引けをとらない業者を提案したいと思います。

 

大手では、バンクイックの右にでる業者はないとぜにぞうは思っているので、
大手から少し目を離して、ここではあえて中堅の消費者金融を紹介したいと思います。

 

「おいおい、メガバンクから消費者金融、しかも中堅って格下げしすぎでしょ?」
と思うかもしれません。

 

でも、決して安く見ているわけではなく、ヘタな大手業者よりも企業としての信頼度は
勝っていて、期待を裏切らない業者だとぜにぞうは確信しているので、
次で詳しく紹介したいと思います。

 

ぜにぞうの渾身の提案はライフティ

ライフティ

「バンクイックの審査で否決、どこなら借りれる?」という人にぜにそうが提案したい業者は、ライフティです。

 

ライフティは、東京新宿に本社を構える振込キャッシング専門の全国対応している中堅消費者金融です。

 

今回ぜにぞうが、リベンジするターゲット業者選びで絶対条件にしたのが下の2点です。

  1. バンクイック並みの信頼性と安心感がある優良業者であること
  2. 審査ハードルが低く審査断りの可能性が低いこと

 

ライフティは、キャッシングに参入したてなので、まだあまり知られていませんが、
実は上の条件を軽々クリアする名実とも優れた注目株です。

 

超優良企業を親会社にもつ強み

実は、ライフティの親会社は東証一部上場の大企業です。

 

中堅中小の消費者金融は、有名企業などの後ろだてがないのが普通なので、
経営も不安定で、少々荒っぽい商売をする業者を生む厳しい環境にあります。

 

そんな中でライフティは、上場企業の親会社の決算に含まれほどの一体感があり、
業者としての信頼・信用面では大手貸金業者をしのぐほどの安心感があります。

(詳細はこちらのページで解説しています)

 

審査通過にフォローの風が吹いている

ライフティはもともと独自の審査基準で柔軟対応してくれる業者なのですが、
さらに今、審査をクリアしやすい絶好のチャンスという事情があります。

 

というのは、ライフティはキャッシング事業に参入したばかりのルーキーなのですが、
貸金業者のルーキーは、固定客を確保することがなによりも大事な仕事になります。

 

どんな商売でも、オープンしたての店は、割引とか特典で固定客をつくる戦術をとりますが、
ライフティも同じで、審査基準を下げて新規顧客を積極的に獲得している時期なので、今が狙い目です!

(詳細はこちらのページで解説しています)

 

ライフティ

ライフティは表面上、そのへんにある中小消費者金融と何ら変わらない業者に見えますが、
中身はバンクイックに引けをとらない超優良業者だとぜにぞうは思っています。

 

ライフティはこれから一気に知名度をあげると推測していますが、
黙っていてもお客が集まってくるようになると、
審査基準ハードルをあげる時期がかならず来るので、今が絶好のチャンスだと思います。

 

 

ライフティの詳細情報はコチラです

 

 

 

こちらの記事も読むと、ライフティの魅力がさらに深まります。

 



ブログランキングに参加しています
応援のタップ頂けたらうれしいです(^^)
→人気ブログランキングへ




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
2級FP技能士
クレジット債権管理士
クレジット審査業務能力検定(クレディッター)
個人情報取扱主任者
貸金業務取扱主任者 登録完了通知
ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書

経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー

ページの先頭へ戻る