キャッシング借りれる名人

キャッシング借りれる可能性を高める3つの名人技 - キャッシング名人

MENU

キャッシング借りれる可能性を高める名人技

このページの最終更新日は2018年1月14日です

ぜにそう

 

このページでは、キャッシングの借りれる可能性を高めるための業者選びの名人技を、ぜにぞう目線で解説しています。
自分のスタンスに合う方法を見つけてもらえたら嬉しいです!


審査承認率が高い業者が狙い目

審査承認率が高い業者に申し込みするのが最も借りれる確率が高い、
というのは誰も否定しないと思います。

 

でも、「そんな情報が手に入るはずがない」とか
「どうせウワサに過ぎない情報でしょ?」と疑われるのがオチです。

 

ところが、インチキでも何でもなく、裏情報ってわけでもなく、
信ぴょう性のある情報が公開されています。

 

実は大手消費者金融は、決算情報として会社の審査承認率を公開しています。
普通の人だと気づかないし見つけ出しにくいデータなのですが、
キャッシング名人を運営するぜにぞうとしては、欲しいデータだったので、
必死の思いでリサーチして突き止めた客観的な情報です(笑

 

詳細の解説はコチラのページに譲りますが、
狙い目の業者ってどこ?ということで言うと以下の顔ぶれです。
まずはここに狙いを定めると良いと思います。

 

アコム 現状、消費者金融で一押しは迷うことなくアコム。最大30日間金利0円サービス、審査回答まで最短30分、融資まで最短1時間というスピード感は圧巻
プロミス アコムに次いでおすすめの業者です。他の消費者金融よりも確実に金利が0.2%低く借りれるのは、見逃せないポイントです。30日間無利息サービス(※)も魅力。

※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

大手よりも中小業者が審査の間口が広い

返済能力が見込めない人にお金を貸さないのは、大手も中小業者も同じですが、
とはいっても、中小の消費者金融の方がキャッシングを借りれる可能性は高いと言えます。

 

なぜかと言うと、キャッシング業者に限らずビジネスの世界では同じことが言えるのですが、
規模の小さい会社は、同じ条件だと大手の顧客獲得力にはかないません。

 

なので、大手ができないことに生き残る道をみいだすのですが、
それと同じように、中小の消費者金融は、大手が取りこぼした顧客を
(ちょっと表現が良くないですが)すくいあげるために審査の間口を広げています。

 

審査に不安がある場合は、以下のような中小業者も狙い目になります。
規模が小さいだけで、貸金業登録されたまっとうな業者であることはもちろん、
日本貸金業協会に加盟する安全な会社です。

 

アロー 過去に自己破産や債務整理をした人でも相談可能で、独自審査で融資できる体制があります。
キャッシングのフタバ 他社借入件数が3社、4社と多い場合でも、とりあえずはシャットアウトはされないようです。
スカイオフィス 他社で断られた人にも柔軟に対応している業者です。申込み項目が驚くほど簡素化しています。

 

銀行カードローンもハードルが下がっている

借りれる難易度がいちばん高いのが銀行、というのは確かにありますが、
昔と違ってハードルは低くなっています。

 

銀行はもうけの軸にしていた企業融資の落ち込みを、
個人顧客に軸足を移すことでカバーする戦略にシフトしています。

 

過去の殿様商売的なやり方では当然、成り立たないので、
目線を下げて消費者金融に近い商売をするようになっています。

 

それを裏付けるように、このキャッシング名人サイト経由でも、
銀行カードローンの申し込み数は消費者金融と優劣つけがたい状況です。

 

銀行をメインに考えるのなら、ぜにぞうとしては、利便性の高い以下の銀行ローンをおすすめします。

 

バンクイック メガバンク三菱UFJ銀行ならではの低金利と提携コンビニATM手数料無料が魅力。人気急上昇中で、当サイト申し込み数No.1です。
楽天銀行スーパーローン 月々2000円から返済可能、1.9%〜14.5%のネット銀行ならではの金利を活かして教育ローンとしても利用可能。コンビニATMの借入手数料無料も魅力
住信SBI銀行カードローン コンビニATM手数料がいつでも無料。利用明細が自宅に送られてこないのでわずらわしさがありません。

 

 

上記以外の業者とも比較検討したい場合は、
ぜにぞうのイチオシ業者ランキングを参考にしてください。

 

ぜにぞうイチオシ業者ランキングはコチラです