アコム バンクイック

アコムで借りてて残高ありでもバンクイックで借りれる? - キャッシング名人

MENU

アコムで借りてて残高ありでもバンクイックで借りれる?

このページの最終更新日は2017年4月4日です

 

このページでは、アコムで借りてて残高ありでもバンクイックで借りれるかどうか、について解説しています。

 

ページの最後でバンクイック狙いの人に耳寄り情報を紹介しているので、参考にしてもらえたら嬉しいです。


三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細情報はコチラです

結論はどうなの?

このページのタイトル「アコムで借りてて残高ありでもバンクイックで借りれる?」
が気になった人は、かなり勉強熱心な人です。

 

黒子とも言うべきバンクイックの保証会社がアコムであることを知っている時点で、
人並み以上の知識を持っています。

 

で、肝心の結論ですが、答えはYESです。

アコムで借りてて残高ありでもバンクイックで借りることは可能です。
その理由を2つの切り口で説明してみたいと思います。

 

アコムとバンクイックは身内だけれど、お金の管理は別

アコムから借り入れがあると、バンクイックの審査に影響するんじゃない?
と不安になるのは、アコムとバンクイック(三菱東京UFJ銀行)の
血のつながりの強さを意識してのことだと思います。

 

アコムとバンクイックは同じMUFGグループの企業であることや、
バンクイックの保証をアコムが担っているという身内の関係があるので
両者を同一視してしまいがちですが、それはちょっと違います。

 

例えば、仮にバンクイックの保証会社がSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)だったとして、
プロミスで借りてて残高ありの時、バンクイックで借りれるかなあ?
と不安になったりしないと思いますが、アコムもこの場合のプロミスと同じです。

 

つまり、バンクイックはあくまで三菱東京UFJ銀行のローン商品で、
融資する主体は三菱東京UFJ銀行なので、そこにアコムの既存取引が
特別な意味を持つことはありません。

 

もちろん、アコムも他社借り入れとしてはカウントされますが、
プロミスやノーローンなどの他社と同じ扱いで、それ以上のことはありません。

 

耳寄り情報を少々。。

バンクイックで借りれるようになったら、アコムとバンクイックの二刀流でもいいのですが、
ぜにぞうが思うに、将来的にバンクイックに一本化するのが
長い付き合いを考えるとメリットが大きいと考えています。

 

理由は以下の3つの項目で差が大きく、バンクイックに軍配が上がるからです。

 

アコム

バンクイック

実質年率

4.7〜18.0%

1.8〜14.6%

提携コンビニATM

有料

無料

 

簡単にひとつずつ説明すると、
まず最高金利がアコム年利18.0%に対し、バンクイックは年利14.6%なので、
スタート時点から3.3%分だけバンクイックの方が有利です。
たかが3.3%と思うかもしれませんが、この差は結構大きいです。

 

さらに、バンクイックは利用限度額が10万円以上100万円以下だと年13.6%〜14.6%、
100万円超200万円以下だと年10.6%〜13.6%というように、
利用限度額に応じて適用される金利が明らかですが、
アコムの金利適用ルールはブラックボックスなので読めません。

 

そして、利用シーンとして多くなる提携コンビニATMの利用手数料が
アコムが有料に対してバンクイックは無料という違いも大きいです。
1回の利用につき108円もしくは216円の手数料がかかるので、
有料・無料の違いは長えば使うほど大きく現れます。

 

また、将来、大口の借り入れが必要になることが絶対あります。
そういうことを想定すると、銀行との取引を深めておくとプラスになることがあります。

 

余計なおせっかいかもしれませんが。。

バンクイック

銀行との取引を厚くしておくと、三菱東京UFJ銀行の商品・サービスの利用時に、諸々のメリットを享受できます。

 

銀行は家計と切っても切れない関係がずっと続く相手なので、
何らかの方法で銀行との取引を深めておくのは消費者として賢い戦術です。

 

そういう意味でバンクイックの利用履歴を積み上げておくことをおすすめします。

 

 

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細情報はコチラです