二人の決めた進路

二人の決めた進路とは?〜キャッシング依存になった男の物語

MENU

進学?就職?二人の決めた進路とは?

〜前回のあらすじ〜

 

高校時代から部活もしながら働きマンだった山口くん。
その頃から付き合っていたちなみさんの話を聞いてみると、現在は別れているとのこと。

 

とても仲良さそうに見えた二人だったが実は裏では毎日喧嘩をしていたらしい!?
さらに大学生活ではさらに悲惨なことが……!!

 

前回の高校の思い出話に花が咲いた話の続きです。
詳細は、高校の思い出話に花が咲くをお読み下さい。

 

スタッフ

 

そういえば、お前は大学行ってたんだっけ?


山口くん

 

そうそう、俺はもう大学行くのは決定してたんだ。
大学行った方が就職した時の給料に差が出るって聞いたし、
なにより小学校の先生に当時はなりたいって言ってたからね。


 

スタッフ

 

おーそうそう!
なのに今はコールセンターだっけ(笑)


山口くん

 

俺やっぱり教師なんて向いてなかったよ(笑)

 

大学の先生とかみんなが期待してくれてたんだけど
俺はやっぱりこんな子供ら育てる職業なんて
絶対面白くないって思ってさ。

 

教育実習とか楽しかったよ!
人前に立って発表とか話すのとか得意だから全然大丈夫だし…
でも、決まり事を守りながら仕事するなんてまっぴらだから
こんな奴が教師やっちゃいけないって思って(笑)

 

あと朝から晩まで働くのが嫌でな(笑)


 

スタッフ

 

おいおい(笑)
そんな理由でやめたのかよー


山口くん

 

一応免許は持ってるんだけどなー・・・


 

スタッフ

 

で、ちなみさんは就職?
お前確か東京で一人暮らしするって言ってたよな?
同棲してたって言うんだからもちろん付いて行ったんだろ?


山口くん

 

そうそう。
確かに同棲はしたけど、最初はプチ遠距離になるはずだったんだぜ。


 

スタッフ

 

へー・・・そうなのか?


山口くん

 

俺が東京の大学に行くって言った時、
彼女は埼玉に残って、埼玉の短大に行く事が決定してたんだ。

 

だからプチ遠距離になるねって話をしていて
本当にお互い寂しかったと思うんだ。

 

確かに高校の頃は、一方的にはなってたけど喧嘩はしてたし
何回も俺は「別れよう」って言ったんだ。


 

スタッフ

 

そんなに嫌だったのに寂しかったのか?


山口くん

 

最初は「別れよう」って言ったら
「何で別れる話になるのよ!」なんて大激怒された時あるんだけど、
本気で別れたいって思った時に彼女が謝ってきて
そこからしばらく喧嘩っていうのはなかったんだ。

 

進路もバラバラになって
4年間なかなか会えずに過ごすってわかった時は
二人とも残りの時間を惜しむようになったのか
お互い気を遣うようになったんだ。


 

スタッフ

 

彼女のわがままがマシになったって事か・・・
わがままがなかったら彼女結構可愛いしな(笑)


山口くん

 

だろ?笑

 

まぁ、3月末ぐらいに引っ越しをして
約1週間ぐらいお互い春休み状態だったじゃん?
その時はちなみさんは家族の了承を得て
ずっと東京の俺の新居に居てさ・・・

 

学校があるからって帰る時は本当に寂しかったよ。
でも、お互い大学生活頑張ろうって言って彼女が埼玉に帰って
俺に会いに来る為にバイト頑張るって言っててくれたんだ。


 

スタッフ

 

ふーん・・・え、全然普通じゃん。
しかも彼女自らバイト頑張るって言ってんだろ?


山口くん

 

最初はね。。。
同棲生活後半になったら本当にすごかったんだから(笑)


 

スタッフ

 

その前に1週間ぐらいずっとすんでただろ?
その時は誰が飯代とか払ってたんだ?


山口くん

 

その時は二人ともバイトしてたし
俺も引っ越し祝いとかで沢山もらってたから
その中のお金で飯食ったり、新生活グッズ買ったりして
過ごしていたよ。


 

スタッフ

 

その時から同棲するみたいなノリだな(笑)


山口くん

 

確かにね(笑)

 

その期間に俺が水道水とかを嫌うの知っていて親が
「水はスーパーとかでボトルさえ買えばタダでもらえる」
なんていうからスーパーに行ったんだ。

 

そしたら、会員カードがないとダメだって言うんだ。
しかも18歳以上は必然的にクレジットカードになるって言われて
俺は親に「クレジットじゃないとカードが作れない」って言ったら
「万が一の為に1枚だったら作っておいたら?」とか言われたよ。
そして1枚キャッシング枠とか無いけどカードを作ることになったんだ。

 

実際のカードの枠が10万円だったんだけど、
その時彼女が

 

「クレジット払いだったら10万円分の買い物ができるね!」
って言ってきて、俺は不覚にも
「確かに…今なら1万円以上のモンもポンッて買えるな!」
って言ってしまったんだ。


 

スタッフ

 

ひえ〜〜そそのかされてんじゃん(汗)
彼女も絶対狙って言ってるよなそれ。


山口くん

 

そうなんだよ・・・
それから最初に1回だけっていうことで
前々から欲しかったPS3とゲームソフト買ったんだ。
それが確か合計で2万円近くあったと思う。

 

返済方法はリボ払いっていうのができて
1ヶ月5,000円ほどで返済できるから
4ヶ月払うだけで返せるんじゃんって軽く考えて・・・

 

でも、そんなこと言ってたらきっと利用可能枠いっぱいに
使っちゃうって予想してたから
もう滅多な事では使わないようにしていたんだ。


 

スタッフ

 

うんうん、そりゃそうだよな。


山口くん

 

とりあえず俺と彼女は別々の新生活を送ることになって
俺も彼女も1週間ぐらいの同棲生活の後
お互いそれぞれの大学に行く事になったんだ。


 

スタッフ

 

そして2年で彼女が卒業して、
そのあとに東京に来て同棲することになったって事だな?


山口くん

 

いや、1年後にはもう同棲していたよ(笑)


 

スタッフ

 

え、1年後には東京から埼玉に通ってたのか?


山口くん

 

そうじゃないんだよなー・・・
ここからが大変な事になるお話ですよ(笑)


 

 

山口くんはヘラヘラと笑いながら「ここからが大変だ」と言った。
その時の山口くんは自分の話を
ネタにするような話し方で聞かせてくれていたんですが、
内容は、大学生にしては大変な生活を送っているんだな…
というのが正直な感想です。

 

次回は、新生活!初めての一人暮らしに思わぬ落とし穴編に続きます。