ライフティ申し込み

ライフティ申し込みはフォローの風が吹いている今がチャンスの理由

MENU

ライフティ申し込みは今が絶好のチャンス!だという理由

このページの最終更新日は2015年1月2日です

 

このページでは、ライフティの申し込みは今が絶好のチャンスだという理由を解説しています。

 

独自の審査基準がライフティの魅力ですが、それに加えてフォローの風が吹いているので、申し込みを迷っている人は参考にしてください。


 

ライフティの詳細情報はコチラです

 

なぜ今が申し込みのチャンスなの?

単刀直入に言うと、今、ライフティは喉から手が出るくらい新規顧客がほしいからです。

 

ちょっと誇大表現だったかもしれませんが、今、新規顧客に対して
ウエルカムな状態であることは間違いないと、ぜにぞうは思っています。

 

なぜ、そういう状態なのかは後できちんと説明しますが、注目したいのは、
業者が新規顧客を積極的に獲得する時は、審査スタンスが変わるということです。

つまり、俗にいう審査が”ゆるく”なるということです。

 

商売の世界では、そういうことって珍しいことではなくて、
例えば、ラーメン屋が新規オープンした際には必ず割引サービスなどがあります。

 

ラーメン屋が値段を下げてお客を呼びこむのと同じように、
貸金業者は審査ハードルを下げて新規顧客を受け入れやすくします。
ぜにぞうが貸金業者マン時代にも、事業計画で顧客数を伸ばす方針が出た時には
同じようなことをしました。

 

ライフティは、独自の審査基準で柔軟対応してくれる業者として知られていますが、
その背景には上のような事情があってのことかもしれません。

 

ライフティが新規顧客を増やしたい理由

実はライフティは、以前はゼィープラス株式会社という社名でしたが、
2014年7月7日に現在のライフティ株式会社に社名変更しました。

 

社名変更するまでの事業のメインは信販事業(ショッピングクレジット)で、
社名変更を機に本格的にキャッシング事業に力を入れ始めたようです。

つまり、本格的にキャッシング事業に参入したばかりのルーキーです。

 

貸金業のルーキーがまずしなければならないのは、とにもかくにも、
安定的に商売を続けるために必要な固定客を確保することです。

 

消費者金融に限らず、どんな商売でも新規参入した場合は、
まずは集客がいちばんの課題になることでは同じです。

 

ライフティも消費者金融業者として生き残るためには貸してナンボの世界なので、
安定的な商売ができる顧客数を確保することが至上命令になります。

そして、消費者金融業者は、その重要性が他の商売よりも高く、
獲得を急がないといけない事情があります。

 

顧客獲得を加速させる今が申し込みのチャンス!

事業歴の浅い貸金業者が顧客獲得を急ぐ理由は、もうけの構造によります。
具体的に説明してみましょう。

 

例えば、50万円を年利18%で借りて、標準パターン(月々15,000円ずつ)で返済した時の
1年間の支払い利息は約9万円で、これが業者のもうけになります。

 

でも、業者は通常、銀行から年利5.0〜6.0%程度で資金調達して、
その資金で僕らに融資するので、そのコストを差し引くと
実質のもうけは6万円程度になります。

 

一人のお客から得られるもうけが1年間で6万円ということなので、
例えば、年収300万円の社員を一人雇うとしたら50人の固定客が必要です。

 

貸金業の業務は、ざっくり審査、延滞回収、営業の3つがありますが、
それぞれ特殊なスキルが必要なので少なくとも3人の社員は必要です。
そうなると3倍の150人の固定客を確保しないと社員の人件費すらまかなえません。

 

ライフティの社員は60名以上いるので、実際にはもっとたくさんの
お客を確保しておく必要があります。

 

さらにココでは人件費のコストしかみていませんが、
もちろんそれ以外にもたくさんのコストがかかってくるので、
それらをカバーするためには、かなりの規模の固定客を、
できるだけ短い期間で確保する必要に迫られます。

 

以上のような事情があって、ライフティは新規顧客の獲得を加速している時期だと、
ぜにそうは想定しています。

 

ただ、口コミが広がって人気が出て、営業努力をしなくてもお客が来るようになると、
いずれ一定の固定客を確保した段階で審査基準を高くする時期が必ずきます。

 

なので、ライフティに申し込むなら早い方がよい、というのがぜにぞうの考えです。

 

 

ライフティの詳細情報はコチラです

 

 

 

こちらの記事も読むと、ライフティの魅力がさらに深まります。