ライフティおまとめローン

ライフティのおまとめローンを徹底解説 - キャッシング名人

MENU

ライフティのおまとめローン

このページの最終更新日は2017年12月10日です

※追記2017年2月5日

ライフティ公式ページがリニューアルされ、おまとめローンの申込みボタンが設置されました。以下をクリックするとすぐ確認できます。

ライフティの詳細情報はコチラです

 

ぜにぞう

 

中小貸金業者で人気のライフティですが、「なーんだ、おまとめローンをやってないんだ」と思っている人がいるかもしれません。

 

実際にはやっているんですが、ちょっと分かりにくいので、その点を解説しています。


他の中小業者のおまとめローンはコチラ

おまとめローンはちゃんとあります!

消費者金融だと、たいていはおまとめローンもメニューのひとつとして用意していて、
ホームページの目立つところにその記載があります。

 

でも、ライフティの公式サイトへ行っても、おまとめの「お」の字もないので、
「ライフティはおまとめローンやってないんだ!?」と思ってしまうのも仕方ないと思います。

 

でも、露出していないだけで、おまとめも可能です。

 

というのも、申し込みフォームの入力を進めていくと
下の画像のように「利用目的」を入力する項目が出てきます。

 

ライフティのおまとめローン

 

この項目は選択方式になっていて、すぐ右にある逆三角マーク▼をクリックすると
選択肢が表示されます。

 

ライフティのおまとめローン

 

ここまで手続きを進めないと、おまとめも可ということが分からないのですが、
選択肢の「借入金返済資金」というのがおまとめ・借り換えを指します。

この項目を選択すれば、おまとめ目的として申し込みが受理され審査へ進みます。

 

ここまでは初歩的な内容でしたが、おまとめローンをライフティの通常のカードローンと
同じ商品性だと思っていると、ちょっとケガをするので、
おまとめローンの注意点を次で解説したいと思います。

 

おまとめローンで注意しておくこと

おまとめローンがライフティの通常のカードローンと違う点は、以下の通りです。

  1. 他社業者への返済はライフティが代行します(自分の手元に入金になりません)
  2. 他社の返済は元金のみで利息は自分で返済する必要があります
  3. 追加借り入れはできません(ライフティへの返済のみ)

 

なお、他社からの借り換えという性格のローンになるので、
ちょっとわずらわしいんですが、「他社借入書類」(契約書、取引明細書等)を
用意しないといけない手間があります。

 

審査基準が違う?

もうひとつ気になるのが、「通常のカードローン審査とおまとめローン審査は基準が異なる?」
ということですが、どちらかの方が緩いとか厳しいという違いはないと思ってください。

 

あくまでも融資する金額に対しての審査になるので、審査基準自体は同じです。

 

あえて言えば、おまとめローンの方が高額になりやすいことと、
ライフティ側は通常よりも低めの融資金利で貸し出すリスクがあるので、
おまとめの方が審査ハードルは高いと思っていてちょうどいいかもしれません。

 

とはいえ、ライフティは同業他社比、独自の審査基準で柔軟対応がウリなので、
おまとめローンの申し込み先としては有望だとぜにぞうは思っています。

 

 

ライフティの詳細情報はコチラです

 

 

 

こちらの記事も読むと、ライフティの魅力がさらに深まります。