ライフティが闇金とは真逆の優良貸金業者といえる決定的証拠

このページの最終更新日は2015年2月2日です

 

このページでは、「ライフティは闇金だ」という間違った情報を完全否定し、
超優良貸金業者だと認めざるをえない物的証拠を紹介しています。

 

疑っている人も、このページを読めば安心してライフティに申し込めると思います。


 

ライフティの詳細情報はコチラです

 

そもそも闇金に間違えられやすいのはなぜ?

ライフティがそもそも闇金に間違えられる原因は、
ライフティーサポートという無登録の闇金業者の存在があり、
社名が似ていることで同一視されてしまっているからです。

 

ライフティは、金融庁のデータベースに登録貸金業者として登録されているほか、
貸金業の業界組織である日本貸金業協会の会員でもあり、
それぞれ登録番号を取得している正規の消費者金融です。

貸金業登録番号:東京都知事(5)第28992号

日本貸金業協会会員:第005552号

 

超優良業者だという裏付けがこれです!

ネット上にあふれる情報というのは、なんの裏付けを示すこともなく
都合の良いように適当に書いているケースも少なくありません。
なので、ここまで読んでも、ライフティが闇金ではないということを
完全に信用出来ない人がいるかもしれません。

 

ぜにぞうとしては、そういう記事と一緒にされたくないので、
誰もが信用せざるをえない証拠、例えば水戸黄門で言ったら、
この紋所が目にはいらぬか?と見せびらかす葵の紋章のようなものがないか探してみました。

 

そこで、見つけたのが下の資料です。

これが何の資料かというと、一部上場の某大企業の四半期報告書です。
(期間:平成26年7月1日〜平成26年9月30日)

 

四半期報告書

 

資料の途中を省略しますが、この資料の末尾に以下の記載があります。

 

四半期報告書

 

赤色枠の部分にライフティの社名が登場しているのですがココが超重要なところです。

 

ちょっと小難しい文章ですが、簡単に言うと、
子会社であるライフティのもうけや損も決算に含めています
ということを宣言している部分です。(ゼィープラスは旧社名です)

 

そもそも、決算報告書というのは上場企業でないと公開しません。
決算報告書は、人間で言ったら健康診断の結果のようなものなので、
見せるとしても身内だけで、アカの他人に公開することはありません。

 

企業名は出していませんが、このデータが公にされている時点で、
証券取引所に上場しているという超優良レッテルを貼られた企業のあかしです。

 

つまり、ライフティの親会社は、日本を代表する大企業だということで、
その子会社であるライフティが闇金であるはずがありません!

 

大企業が社会的信用を損なうような商売を子会社にさせることは絶対ないわけで、
これがライフティが超優良業者だという裏付けです。

 

超優良業者だというだけでなく、ライフティは今、申し込むのに有利な
フォロー風が吹いているのでチャンスです。
その理由をこちらのページで解説しているので、参考にしてみてください。

 

 

ライフティの詳細情報はコチラです

 

 

 

こちらの記事も読むと、ライフティの魅力がさらに深まります。




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。現在、ファイナンシャルプランナーの資格取得に挑戦中。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る