ライフティ審査

ライフティの審査ハードルが低いといえる3つの理由

MENU

ライフティの審査ハードルが低いといえる3つの理由

このページの最終更新日は2015年1月12日です

 

このページでは、ぜにぞうが「消費者金融ライフティの審査ハードルが低い」と考える3つの理由を解説しています。

 

あまり知られていない情報も書いてありますので、ぜひチェックしてください。


ライフティの詳細情報はコチラです

審査の柔軟さを裏付ける3つの理由

消費者金融ライフティは、中堅中小の貸金業者の中で、
独自の審査基準で柔軟対応してくれるという口コミ・評価がありますが、
それを裏付けるものとしてぜにぞうが考えているのが以下の3つです。

 

・中小ならではの戦術の審査基準
・貸金業者のルーキーとしての対応
・上場企業を親会社に持つ強み

ひとつづつ詳しく説明していきたいと思います。

 

中小ならではの戦術に基づいた審査基準

ビジネスの世界ではどんな業種であれ、会社規模に応じた戦術があります。

 

大手と中堅中小では、資金力や知名度が違うので、
中小規模の会社が大手と同じことをやっていたらまず太刀打ちできません。

 

貸金業者もそれと同じで、ライフティのような業者は大手が手をつけないスキマを攻めるか、
もしくは一点に集中して他社を圧倒する強みを作るかの戦術になります。

 

野球に例えれば、強豪チームに投手力や打撃力でかなわないチームが
徹底的に足を使う野球に特化し、バントと走塁で相手をほんろうする戦術
をとるようなものです。

 

ライフティが独自の審査基準で柔軟対応してくれるという口コミ・評価は、
大手が相手にしない顧客を受け入れるための審査基準、
つまり、より多くの属性のお客さんを受け入れるために、
緩やかな審査基準で運営されていることが背景にあるからです。

 

貸金業者のルーキーとしての対応

ライフティ申し込みは今が絶好のチャンス!」のページで説明したように、
ライフティは2014年7月7日の社名変更を機に、
本格的にキャッシング事業に参入したばかりのルーキーです。

 

貸金業のルーキーがまずしなければならないのは、とにもかくにも、
固定客を確保することです。

 

貸金業者は貸してナンボの世界なので、お客がいないのでは商売になりません。

早くルーキーを卒業して一人前の消費者金融になるためには、
新規顧客の獲得が至上命令なので、審査がゆるくなるのはごく自然なことです。

 

上場企業を親会社に持つ強み

審査基準をゆるくすることは、ライフティだからできることで、
他の中小業者ではなかなかできません。

 

というのは、審査を甘くすれば、必ず不良債権が増えるからです。
はじめは顧客が増えてウキウキでも、不良債権になるリスクも増すので、
カンタンに審査基準を下げることはできません。

 

本来は体力のある大手でないと審査基準を下げられません。
なのに、なぜライフティがそれをできるかというと、
ライフティにはムチャクチャ力強いバックアップがあるからです。

 

どういうことかというと、ライフティの親会社は一部上場の大企業です。

(詳細はライフティが闇金とは真逆の優良貸金業者といえる決定的証拠のページを参照ください)

 

審査をゆるくして、万一、不良債権で首を締められることになったとしても、
資金力のある親会社がバックに控えているのでリカバリーが可能です。

リスクにおびえることなく強気で商売できるのはかなり強みだと思います。

 

 

どの貸金業者も同じですが、細かい審査基準はベールに包まれていてわかりません。

 

でも、ライフティは上の3つの視点によって、審査ハードルの低さが客観的にわかります。
それがぜにぞうがライフティを自信を持っておすすめできる拠り所です。

 

 

ライフティの詳細情報はコチラです

 

 

 

こちらの記事も読むと、ライフティの魅力がさらに深まります。