収入の3割までしか借りられない?と悩む人にこそ伝えたい超優良業者

このページの最終更新日は2019年10月6日です

 

このページは、収入の3割までしか借りられない?という不安な気持ちを振り払う、とびっきりの情報をお伝えしています。

 

誰もが知ってる超優良業者で審査ハードルが低い、願ったりかなったりのキャッシング・ローンを紹介しています。


収入の3割までしか借りられない?

収入の3割までしか借りられない、わけではない!

改めて言うまでもないかもしれませんが、収入の3割までしか借りられない、
というシバリは、多重債務者を出さないために、
貸金業法(の総量規制の定め)で決められたことです。

 

でも、世の中のあらゆるものに例外というものがあるように、
借り入れにも「収入の3割まで」の対象外になるものがあります。

 

身近なものでは自動車ローンや住宅ローンなどがありますが、
「うっそー!なんで?」と思う、めっちゃインパクトのあるものが他にあります。

 

それが何かというと、銀行のローンが対象外だということです。

つまり、法律の規定上、銀行からの借り入れは、
収入の3割までしか借りられない不便さをいっさい無視できるということです。

 

【根拠情報】

 

金融庁「貸金業法Q&A」のQ2-12.参照
https://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/qa.html

 

なんで銀行だけが除外されているかを説明すると長文になってしまうので、
ココでは省きますが、要するに消費者金融ではなく銀行カードローンを選ぶことで、
少なくとも収入の3割までしか借りられない足かせは取ることができます。

 

「でも、銀行って消費者金融よりも審査基準が厳しいでしょ?」というのが
一般常識ですが、それをくつがえす銀行カードローンがあるので、それを次で紹介します。

銀行カードローンのおすすめは楽天銀行ローン

楽天銀行スーパーローン

ぜにぞうのおすすめは、楽天銀行スーパーローンです。

 

ネット銀行ならではの金利1.9%〜14.5%や、コンビニATMの借入手数料無料をはじめ、入会するだけで楽天スーパーポイント1000ポイントがもらえます。

楽天市場などでネットショッピングする人は、大量ポイントをゲットできるのでピッタリかもしれません。楽天銀行スーパーローンの返済でもポイントが貯まるのも嬉しい点です。

 

楽天銀行スーパーローンの詳細情報はコチラです

 




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
ファイナンシャル・プランニング技能士(2級)
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書
経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る