金融アイダス

金融アイダスってどんなキャッシング業者?闇金なの?

MENU

金融アイダスってどうなの?

このページの最終更新日は2016年5月11日です

ぜにぞう

 

このページでは、問合せの多いキャッシング金融アイダスについて解説しています。

 

アイダスって闇金融?という不安がある場合や、評判・口コミが気になる場合はチェックしておきたい内容です。

 

ぜにぞうからの提案(コチラ)もあるので、ぜひチェックしてみてください。


アイダスってそもそもマトモな金融業者なの?

ぜにぞうは、金融業者アイダスを知りませんでしたが、
当サイトにたくさんの問い合わせがありその存在を知りました。

 

詳しい説明は後に回しますが、

ぜにぞうとしてはオススメできないキャッシング業者です。(アイダスさんごめんなさい)

 

アイダスをオススメしない理由

当サイトで決めている業者の紹介基準を満たしていないことが理由で、
ストレートに言うと、まっとうな金融業者ではないからです。

 

ぜにぞうのボリシーは、金融庁にれっきとした貸金業者登録があり、
業界団体である日本貸金業協会に加盟している安心安全な正規金融だけを紹介することですが、
アイダスはその部分を欠いています。

もっとハッキリ言ってしまうと、闇金融と言わざるを得ません。

 

アイダスが闇金だという根拠は?

手っとり早く闇金融かどうかを確認する方法は、
ホームページ上の貸金業登録番号の記載有無を見ることです。

 

キャッシング業者は、法律上、登録番号の記載義務があるのですが、
アイダスのホームページ上には見当たりません。

 

元貸金業者マンのぜにぞうからすると、うっかり忘れの記載もれですら考えらませんが、
念のため金融庁の検索サービスを使ってチェックしてみましたが、結果は同じでした。

 

日本貸金業協会に加盟していなくてもヤミ金とは言えませんが、
貸金業登録がない時点でもはや闇金融業者と言わざるをえません。

金利や電話番号すらブラックボックス

ホームページ上に「ブラック可能」と堂々と書いてありますが、
正規業者なら間違ってもそんな誇大広告的な表現は使えません。

 

さらに、貸金業法では金利や固定電話番号を表示することが義務付けられていますが、
それすらありません。

 

連絡先がわからない相手と取引するのは、真っ暗闇の中を全力疾走するくらい危険なうえ、
借入金利が不明の状態では申し込みたくても申し込めません。

 

アイダスに関する評判・口コミはいろいろありますが、

これだけヤミ金を裏付ける情報がそろっているので近づかないのが無難です。

 

アイダスがだめならどうすればいい?

アイダスが正規業者でないことを覚悟で申し込むのは、ぜにぞうは止められませんが、
そうでなければ他の金融に目を向けてほしいと思います。

 

「じゃあどこのキャッシング業者がいい?」という話になるので、
ぜにぞうのオススメ業者を紹介します。

 

中小金融を狙っている人の中には、「その業者だとちょっとハードル高いんですけど」
と感じる人がいるかもしれませんが、そうとは言えない理由も説明しています。

 

ぜにぞうの一押しはプロミス

プロミス

ぜにぞうが提案するのは、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス「プロミス」です。

 

「ちょっとハードル高すぎ!」と思ったかもしれませんが、そうではない理由と、他の金融業者にないプロミスの魅力を次で紹介します。

 

中小金融の審査ハードルが低いとは言えない

アイダスが気になっている人は、基本、中小狙いの場合が多いと思うので、
プロミスのような大手は審査ハードルが高いと思ってスルーするかもしれません。

 

でも、もし中小は審査が甘いと思っているなら、
それはイメージだけで実際にはそんなことはありません。

中小は異常なほど審査が通らない

というのも、当サイトで紹介している中小金融は、信じられないほど審査が通りません汗。

10人中1人通ればよいレベルなのが、実際のデータで証明されています。

 

体力の乏しい中小は、たった1件の不良債権が商売の命取りになるので、甘い審査ができない事情があります。

むしろプロミスのような大手の方が企業体力があるので、多少の不良債権を吸収できるキャパがある分、審査の間口を広げられます。

 

他社にないプロミスの魅力

プロミスをスルーするともったいない魅力が2つあります。

苦労せず低金利が得られる

プロミスの金利は実質年率4.5%〜17.8%ですが、上限が17.8%だという点がポイントです。消費者金融の標準金利は18%なので、0.2%分だけ確実に他業者よりも低いです。

 

たかが0.2%と思うかもしれませんが、少しでも低金利の業者を見つけたい僕らとしては願ったりかなったりで、長くつきあうほど経済的メリットは大きいです!

30日間無利息サービス

メールアドレス登録とWeb明細利用を登録するだけで、30日間無利息でキャッシングを利用できることができます。(※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください)

 

 

金融アイダスにこだわる理由がないなら、
プロミスは申し込む価値がムチャクチャ高いと、ぜにぞうは思っています。

 

プロミスの詳細情報はコチラ

女性専用のプロミスレディースの詳細情報はコチラです

 

 

※どうしても中小業者を選択したい場合は、こちらのページをチェックしてみてください。