ブラックでも借りれる銀行

ブラックでも借りれる銀行|過激表現をマイルドにした場合の一押し銀行 - キャッシング名人

MENU

ブラックでも借りれる銀行ってある?

このページの最終更新日は2017年1月6日です

 

ブラックでも借りれる銀行」というのは、ちょっと過激な表現なうえ難しい質問ですが、ぜにぞうが正面から受け止めて全身全霊で答えています。

 

消費者金融狙いの場合はコチラ


ブラックでも借りれる銀行ってある?

最初に重要な前置きを少々。

ぜにぞうの一押し銀行ローンを紹介する前に、少しだけ大事な前置きがあります。

(「そんな説明はいいから、早く教えろよ!」という場合は、ココはスルーして先へ進んで下さい)

 

ブラックという言葉に対するイメージは、人によってかなりのギャップがあります。
救いの手をさしのべる余地のない世紀末的な状態を想像する人がいれば、
「別に致命傷じゃないんだけどちょっと不安材料を持っていて、、」
という軽傷レベルの意味で使う場合もあると思います。

 

そこでこのページでは、ブラックでも借りれる?というニーズを少し幅広にとらえて、
『銀行本来の厳しい審査基準が適用されない、敷居の低い銀行カードローン』
にスポットを当てています。

 

視野に入れておきたい中小消費者金融

銀行というのは、過去に経営破綻して国が介入してきたことがあるくらい特別な業界なので、
ムチャな融資ができないという事情があります。法律でも足かせがあります。

 

なので、自己破産や債務整理などの事故歴があるという意味のブラックの場合は、
借りれる銀行はないというのが実態です。これは大手消費者金融でも同じです。

 

ただ、中小の消費者金融業者の中には、事故歴があっても審査対象にしてくれる
柔軟な業者もあるので、ケースによってはそちらも視野にいれておくと良いと思います。

 

こちらのページでは、柔軟審査が売りの中小消費者金融を集めています。
すべて金融庁の貸金業登録、日本貸金業協会加盟の正規業者なので参考にしてください。

 

ということで、本題の一押し銀行カードローンの紹介に行きましょう!

 

50万円の限度額を確実にゲットしたい人にはセブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン

もし50万円程度でもOKという場合には、セブン銀行カードローンも狙い目です。

 

なぜかというと、セブン銀行カードローンの限度額は、10万円、30万円、50万円の3コースがあるのですが、わざわざ「10万円」という低限度のメニューがあることがポイントです。

 

業者側の目線で考えると、限度を低めに設定してリスクをおさえることで、審査ハードルを下げられます。

そうすることで少しでも多く人に利用してほしいという戦略があるので、借りる側の僕らにとっては好都合です。

契約後2ヶ月たてば増額できるので、確実に審査をクリアするために最初は控えめの10万円で申し込んでおいて、契約出来たら速攻で50万円に増額する作戦が使えます。※詳しくはこちらのページで説明しています。

 

セブン銀行カードローンの詳細情報はコチラ