キャッシングしやすいカードローン

はじめてキャッシングする人に特にすすめたい業者

このページの最終更新日は2019年7月3日です

ぜにぞう

 

このページでは、ぜにぞうがキャッシングしやすい業者だと分析している金融会社を紹介しています。

 

銀行カードローン、消費者金融キャッシングの中で筆頭に位置づけている一押し業者です!


 

ぜにぞうが考えるキャッシングしやすいの定義

キャッシングしやすい業者名を明かす前に、ぜにぞうがどういう基準で選んだのか?
をはっきりさせておきたいと思います。

 

ぜにぞうが考える「キャッシングしやすい」条件ですが、結構こだわりがあります。

 

もちろん、審査が通りやすいことが最重要なのですが、例え審査をクリアできたとしても、
「使い勝手、メチャ悪っ!」ということでは意味がないので、
使い続けていく上で不満を感じないスペック(利便性)だということもポイントです。

 

さらに、ちょっとぜいたくかもしれませんが、持っていて恥ずかしくないことも
結構大事かなと思っています。つまり、

  1. 審査ハードルが低い
  2. 利便性で劣らない
  3. ステイタスが高い

 

この3つをあわせ持っているのが、キャッシングしやすさの最高峰だと思っています。

 

「そんなイイとこ取りした、ぜいたくなローンなんて、ありっこないっしょ?」
と思うかもしれません。

 

でも、金融業界は今、かなり競争が激化していて、他社との差別化を図るために
独自路線の商品が出ています。

 

情報があまりにも多いために知らないだけで、
実は、上で書いた条件をクリアしているローンがあるので、次で詳しく紹介してみたいと思います。

 

ぜにぞう一推しのカードローンはバンクイック

バンクイック

ぜにぞうが三拍子揃ったキャッシングしやすい商品として一押しするのは、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

 

なぜ、バンクイックなのか?その理由を、上で書いた3つの条件を切り口に説明したいと思います。

 

銀行本来の厳しい審査基準が適用されない

「メガバンクは品格が高いから、いちばん審査ハードル高いんじゃないの?」
と思うかもしれませんが、そうではない事情があります。

 

バンクイックは他の銀行カードローンと戦略が違っていて、
銀行本来の厳しい審査基準が適用されないスキームになっています。

バンクイックがなぜ従来の銀行の厳しい審査ではないのか?の理由は、
こちらのページを読むとバッチリわかると思います。

 

死角のない高スペック

銀行ならではの低金利なのはもちろんのこと、
バンクイックは高スペックで死角がないとぜにぞうは思っています。

 

主なものをあげると、

  1. 全国の提携コンビニATMを手数料無料で利用できる
  2. 1,000円から借り入れできるので小回りが効く
  3. 毎月の最低返済額が業界トップクラスなので返済にムリがない
  4. 口座を作らなくても申し込みできる

 

コンビニATM手数料が有料だったり、毎月の返済額がいきなり1万円近くだったりする業者がほとんどなので、比較すればするほどバンクイックの魅力が際立ちます。

 

ステイタスでは右に出るものがいない

三菱UFJ銀行はメガバンクの筆頭ともいえる存在なので、
ステイタスの面では文句のつけようがありません。

 

ローンというとネガティブなイメージがつきまといますが、
メガバンクのブランドがそれを打ち消して、

むしろ持っていてカッコイイ!と言ってもいいかもしれません。

 

 

以上、ぜにぞうなりに「キャッシングしやすい」業者について書いてきましたが、

バンクイックほど高ステイタスで借りやすいローンはないと思っています。

 

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細情報はコチラです




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
ファイナンシャル・プランニング技能士(2級)
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書
経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る