住民票で借りれる

住民票で借りれる貴重なキャッシング・ローン業者 - キャッシング名人

MENU

住民票で借りれる貴重な金融業者

このページの最終更新日は2018年4月1日です

 

このページでは、キャッシング・ローンの申し込み時に本人確認書類として住民票を使える金融業者をご紹介しています。

 

探してもなかなか見つからない存在なので、住民票で借りたいという少数派の人はぜひチェックしてみてください。


住民票で借りれる業者を教えてください。

住民票がOKの業者は?

キャッシング・ローンの申し込み時に必要となる本人確認書類の範囲は、
運転免許証、健康保険証、パスポートというのがほとんどの業者です。

 

ぶっちゃけ、住民票で申し込みできる業者はムチャクチャ少ないです。

 

しかも、事前に業者のサイトを隅々まで調べまくっても、
住民票が使えるかどうか、なかなか分からないので、かなりストレスになります。

 

ぜにぞうもできるだけ広範囲で調べてみましたが、
住民票で申し込める金融業者は下の6業者だけでした。

 

みずほ銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン

セブン銀行カードローン

ジャックスカードローン「プレミアビアージュ」

ジャパンネット銀行 ネットキャッシング

三井住友カードゴールドローン

 

三井住友カードゴールドローンは運転免許証がない場合に有効な書類なので、

実質、住民票がOK なのは、みずほ銀行、セブン銀行、楽天銀行、ジャックス、ジャパンネット銀行のカードローンだけというのが実状です。

 

ちなみに、当サイトで紹介している以下業者は住民票を認めていないことを確認済みです。

住民票で申し込みできない業者

業態

業者名

消費者金融

(50音順)

 

アイフル
アコム
プロミス
SMBCモビット
ライフティ

銀行

(50音順)

静岡銀行(しずぎんセレカ)
住信SBIネット銀行
三井住友銀行
三菱UFJ銀行(バンクイック)

 

住民票で借りられるイチ押しはみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

ステイタスが高くて、無駄な費用がかからないローンだという理由で、みずほ銀行カードローンをぜにぞうはおすすめします。

 

なぜならスペックが群を抜いているので無駄なお金を使いません。まずは年2.0〜14.0%の低金利。消費者金融の標準金利は18%なので、確実に4%低い金利で利用できます。

 

また使うシーンでは、みずほ銀行はもちろんのこと、コンビニATMも時間外手数料が無料消費者金融は基本、借入・返済にATMを使うと1回あたり108円(または216円)の手数料がかかることを考えると、それが不要なのは魅力です。

 

みずほ銀行カードローンの詳細情報はコチラです

 

 

関連ページ