可能な限り調べまくって分かった業者を公開

このページの最終更新日は2019年10月7日です

 

このページでは、借入れ申込みにマイナンバー制度で導入されたマイナンバーカードを使えるカードローン業者を紹介しています。
※マイナンバーカードと個人番号カードは同じものを指すので、以下ではマイナンバーカードといいます。

 

マイナンバーカードで借りれる業者はかなり希少で、自分で調べるとなるとかなり手間なので参考にしてください。


 

希少なマイナンバーカード対応業者

マイナンバーカードで借りれる金融業者

 

マイナンバー制度の導入で、僕らが手にするようになったマイナンバーカード。

 

このマイナンバーカードを本人確認書類に使えないか?と思う人にとってのハードルは、
マイナンバーカードに対応しているカードローン業者がなかなか見当たらないということです。

仮に対応していても、業者のサイトを隅々までチェックしないとその事実が分かりません。

 

ということで、ぜにぞうが可能な限り調べまくって分かったのが以下の業者です。

 

対応している金融業者

業者名

実質年率

利用限度額

即日

強みをひと言で

アコム

 

3.0%〜18.0%

1〜800万円

アコムを1位にした理由がこちら最大30日間金利0円、固定電話なし・携帯電話のみでも審査可能

アイフル

 

3.0%〜18.0%

最高800万円

はじめて契約の場合、契約日の翌日から最大30日間無利息、1000円から借入可能、カード配達時間指定可

SMBCモビット

 

3.0%〜18.0%

1〜800万円

家族バレしにくいスペック(詳細こちら)

レイクALSA

 

4.5%〜18.0%

1〜500万円


最短
(※1)

コンビニなどに設置の提携ATMが手数料無料。約500の金融機関口座であれば、24時間365日、土日・夜間でも指定口座に即日振り込み可能

じぶん銀行

 

年2.2%〜17.5%

10〜800万円

auユーザーなら最大年0.5%金利優遇

J.Score(ジェイスコア)

 

0.8%〜12.0%(※2)

10〜1000万円

申込み前に融資条件がわかる、日本初のAIスコア・レンディングサービス

三井住友銀行

 

4.0%〜14.5%

10〜800万円

三井住友銀行の口座不要、提携コンビニATM手数料一部無料

横浜銀行

 

1.5%〜14.6%

10〜1000万円

×

専業主婦・パート・アルバイト・年金収入でも申込可、申込は神奈川県・東京都・群馬県(前橋市/高崎市/桐生市)在住者に限定

セントラル

 

4.8%〜18.0%

1〜300万円

30日間金利0円サービス。40年以上営業の老舗の中堅業者、全国対応で即日融資可、女性専用マイレディスもあります

※1 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で可能。一部金融機関およびメンテナンス時間等除く
※2 貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo!JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用されます

 

 

銀行、消費者金融など、ごまんと金融業者があることを考えると、ムチャクチャ貴重な存在です。

ちなみに、マイナンバー(個人番号)が記載された「通知カード」は、本人確認書類には使えないので、その点は注意してください。

 

住基カード=マイナンバーカードではない!

マイナンバー制度実施前に住基カード(住民基本台帳カード)を持っていた人は、
マイナンバーカードを持つことで、住基カードは失効してしまう仕組みになっています。

 

【参考サイト】
総務省 マイナンバーカードと住基カードとの関係
http://www.soumu.go.jp/kojinbango_card/05.html

 

住基カードで借りれる業者は7〜8社ありますが、
普通に考えれば、住基カードで借りれる業者はそのままマイナンバーカードも扱ってくれるはず、
と思ってしまいがちですが、実際にはそんな甘くありません。

 

以下の業者は、住基カードで借りれるものの、マイナンバーカードをカバーしていません。

セブン銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

静岡銀行カードローン セレカ

 

実はマイナンバーカードは業者側としてはお荷物な存在

マイナンバーカードを取扱う金融業者が少ない理由

 

カードローン申し込み時に必要な本人確認書類と言えば、
運転免許証と健康保険証がポピュラーです。

 

融資をする業者側の立場で考えると、取り扱う書類が多くなればなるほど、
事務がはんざつになるので、レアケースで登場するような書類は、
効率化を考えると受け皿にしたくないという事情があります。

 

そういった中で、効率化よりも顧客ニーズにこたえることを優先して、
マイナンバーカードで借りれる態勢が整っている業者は、
ムチャクチャ貴重だとぜにぞうは思います。

 

【ひと口メモ】
本人確認は通常、免許証か保険証での対応になります。免許証がなくても保険証は必ず持っているものなので、普通は提出できると思います。ここから先はぜにぞうの個人的な仮説ですが、保険証を出せないことが審査上、マイナス評価にならないともいえないので、マイナンバーカードを本人確認書類に使うのは最終手段にした方が良いかもしれません。

 

ぜにぞうの一推しはアコム

アコム

アコム推す最大の理由は、アコムが1社目のカードローンに選ばれることが多いので審査通過率が高いからです。

 

ぜにぞうがアコムの決算資料や営業成績データを徹底分析した結果、その結論を導き出すことができたので、自信をもっておすすめすることができます。

ぜにぞうが分析したページはこちら

 

審査回答まで最短30分、融資までの時間は最短1時間というスピード感。最大30日間金利0(ゼロ)円サービス、固定電話なし・携帯電話のみでも審査が可能など、利便性で穴がありません。

 

アコムの詳細情報はコチラ

 

おトクに借りるならアイフル

アイフル

アイフルは、はじめて契約の場合、契約日の翌日から最大30日間無利息で利用できます。

 

カードの配達時間を選べるなど、利用者にやさしいサービスがあるのも特徴で、1000円から借り入れできるのもうれしい点。

女性らしいオシャレなカードデザインが特徴の女性向けカードローンSuLaLi(スラリ)もあります

 

アイフルの詳細情報はコチラです

SuLaLi(スラリ)の詳細情報はコチラです

 

土日祝日でも最短即日振込みOKのレイクALSA

レイクALSA

全国の広い範囲にある提携先「新生銀行カードローン レイク自動契約コーナー」が使えるので、探すストレスが少ないです。

 

借入れ・返済時にコンビニなどに設置の提携ATMが手数料無料で利用できるのは隠れたメリット。大手消費者金融は基本、コンビニ設置ATMの利用には、取引金額に応じて110円もしくは220円かかるのでその差は大きいです。

 

レイクALSAの詳細情報はコチラです

 

※21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。一部金融機関およびメンテナンス時間等を除きます。

 

 




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。現在、ファイナンシャルプランナーの資格取得に挑戦中。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る