個人番号カードで借りれる

個人番号カードで借りれる金融業者を集めてみました!

MENU

個人番号カードで借りれる業者は?

このページの最終更新日は2017年11月30日です

 

このページでは、借入れ申込みにマイナンバー制度で導入された個人番号カード(マイナンバーカード)を使える、キャッシング・カードローン業者をご紹介しています。
※個人番号カードとマイナンバーカードは同じものを指すので、以下では個人番号カードといいます。

 

個人番号カードで借りれる業者はかなり希少で、自分で調べるとなるとかなり手間なので参考にしてください。


希少な個人番号カード対応業者

マイナンバー制度の導入で、僕らが手にするようになった個人番号カード。

 

この個人番号カードを本人確認書類に使えないか?と思う人にとってのハードルは、
個人番号カードに対応している金融業者がなかなか見当たらないということです。

仮に対応していても、業者のサイトを隅々までチェックしないとその事実が分かりません。

 

ということで、ぜにぞうが可能な限り調べまくって発見したのが以下の業者です。

個人番号カードで借りれる業者

業者名

実質年率

利用限度額

即日

強みをひと言で

三井住友銀行カードローン

4.0%〜14.5%

10〜800万円

三井住友銀行の口座不要、提携コンビニATM手数料一部無料

横浜銀行カードローン

1.9%〜14.6%

10〜1000万円

専業主婦・パート・アルバイト・年金収入でも申込可、申込は神奈川県・東京都在住者に限定

アイフル

4.5%〜18.0%

〜500万円

1000円から借入可能。カード配達時間指定可

アイフルSuLaLi(スラリ)

18.0%

10万円

女性向け、ローンカードには見えないデザイン

J.ScoreのAIスコア・レンディング

0.9〜12.0%(※)

10〜1000万円

キャッシュバック特典あり、日本初のAIスコア・レンディングサービス、自分の可能性をスコアにしてその数値で融資条件が決まる

ジャックスカードローン

4.5%〜18.0%

最高500万円

×

利用可能枠70万円を超えると14.4%の低金利

※ みずほ銀行またはソフトバンクと取引がある場合で情報連携すると金利がそれぞれ年0.1%下がります

 

 

銀行、消費者金融など、ごまんと金融業者がいることを考えると、ムチャクチャ貴重な存在です。

 

ちなみに、マイナンバー(個人番号)が記載された「通知カード」は、
本人確認書類には使えないので、その点は注意してください。

 

住基カード=個人番号カードではない!

マイナンバー制度実施前に住基カード(住民基本台帳カード)を持っていた人は、
個人番号カードを持つことで、住基カードは失効してしまう仕組みになっています。

 

住基カードで借りれる業者は7〜8社ありますが、
普通に考えれば、住基カードで借りれる業者はそのまま個人番号カードも扱ってくれるはず、
と思ってしまいがちですが、実際にはそんな甘くありません。

 

以下の業者は、住基カードで借りれるものの、個人番号カードをカバーしていません。

セブン銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

静岡銀行カードローン セレカ

 

実は個人番号カードは業者側としてはお荷物な存在

キャッシング申し込み時に必要な本人確認書類と言えば、
運転免許証と健康保険証がポピュラーです。

 

融資をする業者側の立場で考えると、取り扱う書類が多くなればなるほど、
事務がかんざつになるので、レアケースで登場するような書類は、
効率化を考えると受け皿にしたくないという事情があります。

 

そういった中で、効率化よりも顧客ニーズにこたえることを優先して、
個人番号カードで借りれる態勢のある業者は、ムチャクチャ貴重だとぜにぞうは思います。

 

 

関連ページ