おまとめの狙い目業者を集めてみました!

このページの最終更新日は2019年7月19日です

 

中小消費者金融のおまとめローンをランキング形式で紹介しています。

 

今、もっとも狙い目な業者を、ぜにぞうの裏情報付きで紹介しているのでぜひチェックしてみてください!


 

SNSを見ていると、おまとめローンの審査が通らないと嘆くこんな声もあります。

 

 

中小業者をターゲットにすることで、可能性が高まるので参考にしてください。

 

イチオシ業者ランキング

おまとめローンのおすすめ中小業者をランキングにしてみました。

順位

業者名

実質年率

最高限度額

強みをひと言で

1位

東京スター銀行

 

12.5%

1000万円

銀行ならではの金利年12.5%、個人向け(リテール)に特化したサービス提供で定評のある地銀。専門のおまとめローン

2位

フクホー

 

7.30%〜18.00%

200万円

創業51年の老舗消費者金融。利息だけの返済が可能

3位

中央リテール

 

10.95%〜13.0%

500万円

他社でお断りされた人にも柔軟審査、融資まで最短1日、担当者は全員国家資格取得者

4位

アロー

 

15.00%〜19.94%

200万円

過去に自己破産や債務整理をした人でも相談可能(但し当サイトからの審査通過率は非常に低いです汗)

 

 

ちなみに、上の表で登場する業者は、すべて金融庁に貸金業登録され、
日本貸金業協会に加盟のまっとうな消費者金融で、もちろん闇金はありません。
(東京スター銀行は貸金業者ではありません)

 

おまとめローンは金額がはるので、いくらまで借りれるか?がポイントになりますが、
業者によって最高限度額に違い(200万円〜500万円)があります。

 

金利や利用限度額だけの情報では業者を決めにくいと思うので、
表の「強みをひと言で」のコメントをながめてピンと来た業者があったら、
その業者のサイトを見て吟味する、といった方法で業者選択すると良いと思います。

 

なお、フクホーは他社借入条件等の確認ができる書類の提出が必要になるようです。

 

年収の3分の1以上借りれる?

キャッシングやローンと同じように、おまとめローンも年収の3分の1までしか借りれない、
と思っている人も中にはいますがそんなことはありません。

 

知らない人がいるかもしれないので、少しだけ補足すると、
おまとめローンは総量規制の対象外になっています。

 

おまとめローンは総量規制の対象外

 

なぜ同じローンなのに対象外になるのか不思議に感じますが、
貸金業法という法律の趣旨を考えるとわかりやすいです。

 

そもそも多重債務者を出さないようにすることが法律の大きな目的なので、
それに該当しないような融資は例外になっています。

 

おまとめローンは複数の業者からの借り入れを1社にまとめることなので、
それをすることで、金利や毎月の返済金額が低くなってかなり負担が軽くなります。

 

つまり借りる側からするとメリットはあってもデメリットはいっさいないわけで、
そういう「顧客に一方的に有利となる借り換え(おまとめローン)」は、
年収の3分の1を超えても審査が可能になっています。

 

このことは大手であっても中堅・中小であっても違いはありません。

 

おまとめローンの一押しは東京スター銀行

東京スター銀行おまとめローン

ぜにぞうが銀行のおまとめローンで一押しするのは、東京スター銀行のおまとめローンです(正式名称:スターワン乗り換えローン)。個人向け(リテール)に特化したサービス提供で定評のある地銀で、古くからおまとめローンに力をいれています。おまとめローン専門といっても良いです。

 

最大の特徴は、金利が年12.5%とおさえられている点。一般的な銀行カードローンの金利は14〜15%、消費者金融であれば15〜20%なので、おまとめすることで金利がかなり軽減されます。

 

まとめられるローンの範囲は、銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農業協同組合等の金融機関、信販会社・クレジットカード会社・消費者金融会社等の登録貸金業者です。

 

弱点をあげるとすれば、年収200万円以上の人に限られること、自営業・主婦・パート・アルバイトの人は利用できないことです。

 

東京スター銀行おまとめローンの詳細情報はコチラです

 

中央リテールについて

 

中小の消費者金融なので知名度は高くありませんが、貸金業登録業者(登録番号:東京都知事(3)第31283号)で、日本貸金業協会にも加盟(会員番号005560号)しているまっとうな業者です。

 

担当者は全員国家資格取得者。柔軟審査がウリなので大手以外で考えるなら候補に入れたい業者です。

 

中央リテールの公式サイトはこちら

 

 

アローは、実は異常なほど審査が通りません

アローはおまとめローン審査が通りにくい

 

というのも、当サイト経由で申し込みした人のデータなのですが、
17人が申し込んでも、審査に通った人は。。。いません、汗。

 

もう少しデータを追いかければ、正確な承認率がつかめるかもしれませんが、
めまいがするくらい低い数字が出そうな気がして、ちょっと怖くなって断念しました。

 

審査否決の理由を業者から教えてもらうことはできないので、詳しいことは分かりませんが、
ここまで実績が悪いと他の業者を優先した方が良いかもしれません。

 

絶対借りれるおまとめローンってある?

絶対審査が通るおまとめローンは存在しない

 

「どこでもいいので、おまとめローンを組みたい」と考えてみたところで、
残念ながら、絶対借りれるおまとめローンは存在しません。

 

これは極端な話、闇金であっても「絶対」はありません。

 

通常のカードローンであれ、おまとめローンであれ、
業者は貸し倒れリスクを負って融資をするわけですよね。

 

業者もボランティアではないので、
まさに今、債務整理中だとか、自己破産して間もない人にお金を貸すような
無茶をしないことは、普通に考えればわかることだと思います。

 

ただ、審査の通りやすさということで言えば、
キャッシング審査甘い中小消費者金融のページでも説明していますが、
大手よりも中小の方が柔軟なのは確かなので、
このページで紹介している業者が希望にいちばん近い存在だと思います。

 

セントラルはおまとめローンある?

セントラルのおまとめローン専用商品はない

 

中小消費者金融ランキングでも紹介しているセントラルですが、
残念ながら、おまとめローン専用の商品はありません。よく質問を受けるのですが・・・

 

小規模の業者の標準的な限度額が50万円なのに対し、
セントラルは300万円まで可能なので、おまとめするだけの枠はあります。

 

なので、セントラルのカードローンを使っておまとめしちゃえ!的な
発想が出てくるかもしれませんが、そんな邪道な選択はやめるべきです。

 

セントラルのカードローン金利は、100万円未満で4.8%〜18.0%、
100万円以上だと4.8%〜15.0%の設定になっています。
15.0%とか18.0%の金利になることも覚悟しておく必要があるので、
そんな金利でおまとめしても返済が楽にならないし、なんの得もありません。

 

 

おまとめローンとして使うのなら、迷うことなくいちばん金利が低い
東京スター銀行を選ぶべきです。なんたって12.5%が保障されているわけですから。

 

消費者金融と違って敷居が高い感じがするかもしれませんが、
個人向けに特化したサービス提供で定評のある地銀で、
古くからおまとめローンに力をいれているので筆頭に考えたいです。

 

ただし、おまとめローンがうまく組めても、こんなふうにはならないようにしたいものです。

 

 

 




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。現在、ファイナンシャルプランナーの資格取得に挑戦中。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る