転職したてのブラックでもお金を借りたい

このページの最終更新日は2017年1月31日です

 

このページでは、「転職したてのブラックだけどお金を借りたい」という、少々ぶっ飛んだワガママなニーズに対して、ぜにぞうの考えを書いています。


転職したてのブラックでもお金を借りれる?

ちょっと前置きですが。

「転職したてのブラックだけど借りられる?」という質問は、
車のメーターで例えたらレッドゾーンまで振り切れた状態に近いので、
まじめに答えてしまうと面白みがありません。

 

それに、追い込まれた状態の時は誇張した表現を使いがちなので、
ここでは質問の意図と思われる
「転職したてで属性があまり良くなくても、借りれる業者ってある?」
という意味にとらえて解説してみたいと思います。

 

転職したてだと審査で不利?

結論から言うと、あまり気にする必要はありません。

 

もちろん、転職したてで勤続年数が短いより長いにこしたことはありません。

でも、融資する会社側の立場からすると、転職したてだということだけからは、
何も判断できません。なので、マイナス評価をつけることもできません。

 

履歴書のように過去の職歴を全て開示するような場合なら、
「この人、頻繁に転職してて不安定だから、真面目に返済してくれるか不安。。」
と判断されることもあるかもしれません。

 

でも、長い職歴の中で”今現在”という瞬間的な情報を見せられても、
返済能力を測ることができないのが実情です。
ましてや、今の時代、転職しない人の方がレアケースとも言えます。

 

元貸金業者マンのぜにぞうは、経験上知っていますが、
貸金業者は、お客の業種、職種、年 齢、年収、勤務年数など複数の項目を串刺しにして、
いわゆる”総合的に”審査するので、転職したてで借りれない?という不安は
とりあえず拭い去って大丈夫です。

 

分析してわかった貸付率が高い業者がターゲット

転職したてでも問題ないことがわかったので、次はブラックという表現は極端だとしても、
借りやすい業者を選ぶのがポイントになります。

 

そういう展開になると、ぜにぞうはちょっと役に立つデータを持っています。

 

実は大手消費者金融3社の新規貸付率を比較分析して、
もっとも貸付率の高い業者が分かっているので、その業者を狙うという作戦です。

(※新規貸付率を分析したページはコチラです)

 

転職したてのブラックでもお金を借りたいという贅沢なニーズに、
筆頭候補として位置づけられる業者だと思います。




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
貸金業務取扱主任者 登録証
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。現在、ファイナンシャルプランナーの資格取得に挑戦中。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る