消費者金融とクレジットカード、どっちのキャッシングが得?

このページの最終更新日は2014年12月9日です

 

このページでは、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのと、消費者金融から借りるのではどちらが得なのかについて解説しています。

 

単純に考えると、クレジットカードを持っていてキャッシング枠がまだ利用できるのなら、わざわざ消費者金融に申込むまでもないことですが、そこにはいくつか注意点があります。

 

このページでは、銀行系クレジットカードを前提にして、消費者金融とクレジットカードのどちらのキャッシングが得なのかを、ぜにぞう目線で解説したいと思います。


消費者金融とクレジットカードのどちらのキャッシングが得?

ズバリ!ぜにぞうとしては、消費者金融のキャッシングの方が得だと思っています。

 

「得」といっても何か金銭的に得をするということではないのですが、
いろんな点を考慮して総合すると、消費者金融にキャッシングを
1本化しておいた方が小回りがきいたり、管理上、楽チンだということです。

 

金利はどちらも18%程度なので、利息負担はほとんど変わりません。
総量規制の対象になるということではどちらも同じです。

 

でも、消費者金融はキャッシングというビジネスに特化しているのに対し、
クレジットカード会社は、ショッピング、分割払い、キャッシング、ローンなど
さまざまなビジネスの形があり、キャッシングはその中のひとつの取引です。

 

言葉はちょっと悪いですが、キャッシングのプロ業者と片手間でキャッシングを
提供している業者の違いがあると思っています。

 

ぜにぞうから見て、クレジットカードのキャッシング枠を使う場合に気になるのは
以下の内容です。(ココでは銀行系クレジットカードを前提にします)

 

  • 基本的に一括払い
  • クレジットカードでキャッシングできないことがある
  • 返済の自由度に乏しい

 

1つずつ詳しく解説していきたいと思います。

 

返済は基本的に一括払い、リボ払いにも制約がある

クレジットカードと消費者金融のキャッシングの最大の違いは、
返済がクレジットカードは一括払い、消費者金融はリボ払いという部分です。

 

銀行系クレジットカードは、一括払いの文化が根本にあるので、
ショッピングにしろキャッシングにしろ一括払いになります。

 

1万円であろうが30万円であろうが、キャッシングの返済は金額にかかわらず
翌月一括払いが基本です。

 

キャッシングを利用した後に、毎月の分割払い(リボ払い)に変更したいという
ニーズに答えてくれるサービスはありますが、別途手続きが必要なうえ、
支払口座に設定している金融機関によって受付期間が違っています。

 

通常クレジットカード会社は、一括払いを前提にして金融機関に対して
顧客の口座からの引き落とし依頼をするので、リボ払いの受付をすると、
金融機関へ出した依頼を撤回して、返済プランを組み直すという
メチャ面倒くさいことを裏でやっています。

 

なので、リボ払いの申請をしても、時間的に間に合わないということも
かなりあるので、100%保証されていないという実状があります。

 

キャッシングしたくても、できないことがある

ぜにぞうが一番心配しているのが、クレジットカードのショッピングの使い方によっては、
キャッシングしたくてもできないケースがあるということです。

 

どういうことかというと、クレジットカードにも利用限度額というものがありますが、
その利用限度額は、ショッピングとキャッシングの利用額の合計で管理されていて、
キャッシングは内枠という位置づけなんです。

 

ちょっと分かりにくいかもしれないので、具体的な例で言いますね。

 

例えば、利用限度額50万円というと、ショッピングとキャッシング合わせて
50万円まで利用できるという意味になりますが、キャッシングがいくらまで
使えるかというと30万円になります。(仮の数字です)

 

ショッピング利用が0円なら、キャッシングは30万円まで使えます。
(20万円の枠が残っていても、30万円以上はキャッシングを使えない)

 

でも、ショッピングですでに30万円使っていれば、
キャッシングは20万円までしか使えません。

 

高級時計をカードで買ったとか、引っ越し関連で高額をカードできったとかして、
50万円の枠を全部使いきっていると、キャッシングはいっさいできません。
逆に、キャッシングで30万円使ってしまうと、
人によってはカードショッピングが自由に使えなくなるということも考えられます。

 

電話代や公共料金、保険料など月額課金されるものを毎月カード支払いしている
場合もあるので、1枚のクレジットカードに決済を集約するのはリスクがあります。

 

万一、返済が遅れたりすると、利用限度額はいとも簡単に下がってしまいます。
そうなったら、影響が大きすぎます。

 

 キャッシング利用者に対するクレジットカード会社の目は厳しい!

 

ぜにぞうの経験から、これはハッキリ言えるのですが、クレジットカード会社は、キャッシング利用のある顧客をマイナス評価しています。

 

そもそも銀行系クレジットカードは、ショッピングの決済手段として発展してきた歴史があり、キャッシングはあくまでも一時的な仮払いのような位置づけです。

 

継続的にキャッシングするのは、その位置づけからレールが外れることなので、本来、想定している使い方ではないので、何かあるとチェックが厳しいし、
カードの有効期限更新審査などでも減点項目になっています。

 

キャッシングを継続的に使う前提では、クレジットカードはその手段としては適していません。

 

返済の自由度に乏しいクレジットカードのキャッシング枠

返済のシーンでも、クレジットカードによるキャッシングは自由度が低いです。

 

消費者金融から借りた時は、ミニマムペイメントという最低返済金額を
毎月払っていくのですが、余分に返済したい時は、
コンビニに立ち寄った時に設置されているATMからサクッと追加返済できます。
いちいち業者に連絡することも不要です。

 

スマホからインターネット返済などもできるので、
返済するということに関して、手間は感じにくいです。

 

しかし、クレジットカードのキャッシング返済は一括払いは前にも書きましたが、
仮にリボ払いに変更したとしても、金融機関の口座自動引き落としが基本です。

 

コンビニATMで余裕資金を入金するとか、インターネット返済というやり方自体が
ありません。
もしやるとしてもクレジットカード会社へ電話して、利息計算してもらって、
指定された日に指定口座へ振込みするというメチャ面倒な手続きが必要になります。

 

 

「餅は餅屋」と言いますが、ユーザー視点からはキャッシング専門の消費者金融の方が、
使い勝手やサービス面でも上回っていて、安心して利用できると思います。




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
貸金業務取扱主任者 登録証
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。現在、ファイナンシャルプランナーの資格取得に挑戦中。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る