消費者金融 利息以外の費用って何がある?

このページの最終更新日は2019年10月4日です

ぜにぞう

 

このページでは、消費者金融のキャッシング・カードローンで、利息以外にかかる費用についてまとめています。

 

もっとも費用がかからず、高ステイタスなのに僕らにとって願ったりかなったりと言える、審査上の特殊事情をもつぜにぞう一押しの業者も紹介しています。


費用を具体的に言うと。

消費者金融のキャッシング・カードローンで、利息以外にかかる費用に何があるのか?というと、
下のような項目があげられます。

ほぼ全ての業者

 

 

 

提携ATM利用料
振込手数料(振込返済の場合)
遅延利息(延滞の場合)
カード再発行手数料

一部の業者

 

 

契約時の印紙代
住民票発行手数料
FAX、コピー代(コンビニ利用時)

 

利用の足かせになるような大きな費用はなく、
そもそも入会金・年会費は基本ないので表面上は利息以外の費用は大したことない、
という感じになりますが、ひとつだけ落とし穴があるとぜにぞうは思っています。

 

それは、提携ATM手数料なんですが、
結構軽く見ている人が多いので、次で詳しく説明してみたいと思います。

 

バカに出来ないATM手数料

消費者金融は自社ATMを保有していますが、それだけでは使い勝手で劣ってしまうので、
コンビニや提携金融機関などの提携ATMが利用できます。

 

提携ATM手数料がどのくらいなのかというと、取引金額に応じて以下のようになっています。

取引金額

借入

返済

1万円以下

110円

110円

1万円超

220円

220円

(税込み)

高金利時代並みのインパクトがある

「たかが110円とか220円なんて、大したことないでしょ!」という人がいるかもしれませんが、
軽視できない実態があります。

 

例えば、10万円を消費者金融の標準的な年利18%で借りたとしましょう。

 

ATM手数料は、借入と返済でそれぞれかかるので、
借入時の220円と1か月後の返済時にかかる220円で合計440円です。

 

一方の利息は、1ヶ月で1,528円(10万円×18%×31日/365日)ですが、
見えないATM手数料を含めれば、実質、2,000円近い利息を払っているようなものです。

 

これを金利に換算したら年利24%くらいになるので、法律改正前の高金利時代並みの水準です。

 

コンビニATMを無料で使える業者は?

「オレはコンビニATMとか使わないし、関係ないね!」という人も、
実際にキャッシングし始めると、その便利さに気づいて使いはじめるのが自然の流れです。

 

ただ、残念ながら消費者金融でコンビニATM利用料が無料の業者は、
ぜにぞうが知る限りありません。

 

そこでぜにぞうの提案なのですが、提携コンビニATM利用料が無料なうえ、
ステイタスもあり、持っていて価値の高い業者を次で紹介したいと思います。

 

ぜにぞうの一押しはバンクイック

バンクイック

利息以外の費用がかからず最もローコストで利用できるローンとして、ぜにぞうが一押しするのは、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

 

バンクイックをおすすめするのは、単に費用面のメリットだけではなく、審査上のうれしい事情があるからです。

 

銀行本来の厳しい審査基準ではなく、消費者金融並みの審査ハードルだという特殊事情が、バンクイックを一押しする最大の理由です。

バンクイックがなぜ従来の銀行の厳しい審査ではないのか?の理由は、
こちらのページを読むとバッチリわかると思います。

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細情報はコチラです

 

 

 

こちらの記事も読むと、バンクイックの魅力がさらに深まります。




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
ファイナンシャル・プランニング技能士(2級)
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書
経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る