借りやすい銀行カードローン

借りやすい銀行カードローンとして他を圧倒する敷居の低い一押しローン - キャッシング名人

MENU

借りやすい銀行カードローンの筆頭を徹底解説!

このページの最終更新日は2018年1月1日です

 

借りやすい銀行カードローンの筆頭だと、ぜにぞうが確信しているローンを紹介しています。

 

銀行カードローンは審査基準が厳しくて借りにくい、というイメージを根こそぎ取り除く発見ができると思います。


借りやすい銀行カードローンの正体は?

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

ぜにぞうが借りやすい銀行カードローンとして一押しするのは、銀行カードローンの最高峰ともいえるステイタスの高いメガバンクのローンです。

 

それが何かというと、三菱東京UFJ銀行のバンクイックです。

 

 

「メガバンクの審査って特に厳しいはずなのに、借りやすいって信じられない!」と思うかもしれませんが、実はそこには深いワケがあります。

 

そのあたりの事情を下で説明しますが、おそらく読み終わる頃には、
他の銀行はもとより、消費者金融に申し込むよりバンクイックの方がダンゼン良い!
と思ってもらえると思います。

 

バンクイックの借りやすさの秘密

他のメガバンクには、三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローンがあります。

 

他の2行をおさえて、バンクイックがなぜ借りやすいかという理由は、
銀行カードローンの戦略がバンクイックは他行と全く違うということがあげられます。

 

どういうことかと言うと、銀行の融資というのは「担保をとって」その範囲内で
融資するのが今も昔も変わらない姿です。銀行は有担保融資のプロ集団です。

 

ところが、銀行カードローンは無担保・保証人なしという商品性なので、
無担保融資のノウハウが少ない銀行としては、慎重な審査にならざるをえません。
銀行カードローンの審査基準が高いというイメージは、そういう事情が背景にあります。

 

一方でバンクイックが他行と何が違うかというと、少し乱暴に言うと、
ノウハウがないなら自分でやらずに、無担保融資のプロである消費者金融に
サポートしてもらえば良い!という考えに立っているということです。

 

バンクイックが白羽の矢を立てた消費者金融がどこかというとアコムです。
同じ金融グループのメリットを活かすことで、他行を圧倒する借りやすさを実現しています。

 

バンクイックが銀行本来の厳しい審査基準ではない理由

「消費者金融にサポートしてもらったとしても、銀行の商品なんだから、
審査基準は銀行の厳しい基準になるはずでしょ?」と思いますが、
そこがバンクイックが借りやすい理由の肝になるところです。

 

アコムは表面的にはバンクイックの保証会社に位置づけられています。
通常、保証会社は、不良債権が生じた時のリスクの引き受け役、黒子であって、
銀行カードローンの主体はあくまでも銀行です。

 

ところがバンクイックは、審査段階からアコムのノウハウで運営されている
といって過言ではなく、実質アコムが主体で動くスキームです。
つまり、銀行本来の厳しい審査基準ではないということです。

バンクイックが従来の銀行の厳しい審査ではない理由を詳しく知りたい場合は、
こちらのページを読むとバッチリわかると思います。

 

もしかしたら気づいているかもしれませんが、他の2行のローンは、
三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンというように、
銀行名を冠にしたローン名なのに対して、三菱東京UFJ銀行は銀行色を全く出さない
「バンクイック」という名称で商売化しています。

 

この点も、あえて銀行色を消して敷居の低いローンのイメージを訴求する狙いがあります。

 

ともあれ、ステイタスの高いメガバンクのローンなのに消費者金融並みの審査ハードル
だという点がバンクイックの最大の強みで、
これ以上借りやすい銀行カードローンはないとぜにぞうは思っています。

 

借りやすい銀行カードローンの筆頭といえるローン

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

 

上で説明したように借りやすい銀行カードローンとして他行を圧倒しているバンクイックですが、他にも強みが目白押しです。

 

コンビニ提携ATM手数料が無料なので借り入れシーンでも利便性が高いです。

 

さらに、毎月の最低返済額が業界一低く設定されているので、返済しやすさでも他行を圧倒しています。

借りやすいだけではなく、全方位的にスキがない銀行カードローンとして、申し込みの筆頭にしたいローンです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細情報はコチラです

 

みずほ銀行カードローンも狙い目!

みずほ銀行カードローン

メガバンクの一角をなす、みずほ銀行カードローンもバンクイックよりも優位なことがあり見逃せません。

 

ひとつは銀行最高峰の低金利だという点です。みずほ銀行カードローンの借入金利は年2.0%〜14.0%と幅がありますが、比較するときは上限金利が大事で、バンクイックの1.8%〜14.6%よりも0.6%低い14.0%です。

 

「なーんだ、たった0.6%の差?」と感じるかもしれませんが、0.6%と言えばメガバンクの住宅ローンの変動金利とほぼ同じで(2017年7月現在)、その金利分がみずほ銀行は優遇されているのと同じことは軽視できません。

 

また、カードローンサービス以外にも特典が用意されていて、カードローン契約があるだけでみずほ銀行本支店あての振込手数料が無料、他行あての振込手数料でも月4回まで無料になります。ATMから振込手数料なしで振り込める銀行を手にできるのは大きいです。

 

なお、みずほ銀行口座を持っていて希望額50万円以下であれば本人確認書類、収入証明書を用意する手間がなく申し込めるので、みずほ口座ユーザーは狙い目のカードローンです。

 

みずほ銀行カードローンの詳細情報はコチラです

 

他の銀行ローンのオススメ一覧はこちら

 

経営者の方、事業資金を融資以外で調達できる方法はこちら