給料日までお金がない!本当にピンチな時の1〜2週間をしのぐベストな方法

このページの最終更新日は2017年6月10日です

ぜにぞう

 

給料日までお金がない、どうしよう!という悩みの解決策として、ぜにぞうはあえて一般論とは真逆のことを批判を恐れず提案しています。

 

きれいごとでは済まない本当にピンチな時のあと1週間、2週間をしのぐ最後の砦ともいえる方法で、プロフィールでも書きましたがぜにぞうもこれに助けられました。
今は不要でも準備しておくことで助けられることが絶対あると思うので、ぜひチェックしてもらえたらと思います。


ぜにぞうが批判を恐れず提案する方法は?

ずばり、賢くカードローンを使うことです。
これを聞いた瞬間ひいてしまうかもしれませんが、いたってまじめな話で、
節約するとか家族からお金を借りることよりも理にかなっています。

 

ぜにぞうの経験を振り返ってもこれだけはハッキリと言えます。
「今までの借り入れは、その当時、全て必要だったこと」そして、「それがあったおかげで今がある」と。

 

自動車ローンが「善」でカードローンが「悪」はちょっと違う

カードローンやキャッシングというとネガティブなイメージが先行します。

でも、自動車ローンや住宅ローンが善で、カードローンが悪というのは、
ぜにぞうの視点ではちょっと違い、どちらもお金を借りて何かを実現することでは同じです。

 

分割やリボ払いで好きな買い物をすることもローンを組むことと同じで、
むしろそれは我慢できることなので、それにローンを組むことの方がどうかとも言えます。

 

給料日までお金がないタイミングで、会社の飲み会が入ったとか、
結婚の祝儀が必要とか、税金や携帯・家賃の支払いがきついとか、病院へ行くお金がないとか、
そういった本当にピンチな時の1〜2週間をしのぐ手段としては問題ないし、
むしろ使えるものは上手に使う賢さを持っていいと思っています。

 

はじめてでも安心して使える業者は?

アコム

カードローンにネガティブな印象をもっている人にもすすめられるのがアコムです。

 

そのいちばんの理由が、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員で、社会的信用度がムチャクチャ高くて安心だという点です。

 

もうひとつ大きな理由があります。

ぜにぞうの調べでは、アコムは新規貸付率で他社を圧倒しています。詳細はこちら
それは、よりスムーズに契約しておこうという場合に有利なので、候補の筆頭に推すことができます。

アコムの詳細情報はコチラです

 

また、「はじめての、アコム♪」のキャッチフレーズに象徴されるように、
特にはじめてカードローンを使うユーザーを意識したサービス展開をしています。

 

主なものだけでも以下のようなスペックです
  1. 最大30日間金利0円サービス
  2. 最短30分で審査回答
  3. 土日祝日でも即日借入れが可能
  4. セブン銀行、ローソンなど主要コンビニATM利用可
  5. 24時間ネットでも返済可能

最大30日間金利0円サービスがあるので、給料日までの1週間、2週間であれば
実質無利息で借りることができます。

 

給料日までお金がない、金欠という場合にスピード重視で応えてくれるほか、
使い勝手でも死角がありません。

 

万一、退職や転職といったときに、どうしても審査ハードルが上がってしまうので、
「おれはまだ必要ないね}という場合でも保険として持っておくと安心感があります。

 

まとめ

  1. 賢くカードローンを使う事は理にかなっている
  2. 自動車ローンや住宅ローンと使う目的は同じ
  3. 分割・リボ払いの買い物よりもむしろ健全
  4. 使えるものは上手に使う賢さを持ちたい
  5. 給料日まで本当にお金がない時に頼れるアコム
  6. 保険として持っておくのも賢い選択

 

アコムの詳細情報はコチラ




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
ファイナンシャル・プランニング技能士(2級)
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書
経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る