インターネットで申込み後に無人機でカード受け取りが今風

このページの最終更新日は2019年7月31日です

 

このページでは、無人機でカード受け取りができる銀行カードローン、消費者金融キャッシング業者を紹介しています。

 

ページ後半で、高ステイタスなのに審査ハードルが低い、見逃すと損するローン情報も紹介しています。


無人機の今風の使い方

無人契約機と言うと、申し込みからカード受け取りまでの一連の手続きを、
すべてこなせる画期的な方法として鮮烈デビューし重宝されてきました。

 

無人機を電子レンジに例えたら、料理の素材さえ用意すれば、
あとは全てレンジが勝手に調理してくれて、
プロ顔負けの立派な料理が出てくるのを待つだけといった感じです。

 

でも、最近では進化したWeb完結が主流になってきたので、
申し込み、審査をインターネットで済ませておいて、
カード受け取りという物理的な部分のみ無人機を使うというスタイルが
今風になっています。

 

特に急いで借り入れしたい人にとっては、
「カード到着まで何日間も待ってらんねー!」ということになるので、
無人機でカード受け取りできる銀行カードローンや消費者金融キャッシングは
頼れる存在です。

 

無人機でカード受け取りできる業者

本題の無人機でカード受け取りできるローン・キャッシング業者は、
以下のような顔ぶれになります。

 

▼銀行カードローン

バンクイック(三菱UFJ銀行)

※発行されたカードは、発行日の翌営業日以降、審査の結果により利用可能

 

▼消費者金融

プロミス

アコム

アイフル

SMBCモビット

レイクALSA

 

SMBCモビットとレイクALSAは、自社所有の無人機がないので系列の業者に相乗りする形となりますが、
SMBCモビットはプロミス無人機を、レイクALSAは新生銀行カードローン レイク自動契約コーナーを利用できるので、どの業者も利便性では大きな差はありません。

 

ただ、これだけでは業者を選ぶ決定打がなくて困ると思うので、
ぜにぞうがこれぞ最高峰!と分析している一押し業者を紹介したいと思います。
あまり知られていない耳寄り情報が含まれています。

 

ぜにぞうの一押し業者

バンクイック

ぜにぞうがもっとも太鼓判を押しているのが、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

理由は、無人機が優れているとかそういう話ではなく別のことです。

 

バンクイックはメガバンクのローンなので、上で紹介した業者の中でもっともステイタスが高いということはうなずいてもらえると思います。じゃあ審査基準で比較するとどうなるかというと、「そりゃ、メガバンクがいちばん厳しいでしょうよ!」ということになりそうですが、実はそうではない点がぜにぞうが一押しする最大の理由です。

 

バンクイックは、銀行本来の厳しい審査基準ではなく、消費者金融並みのハードルだという事情があるので、同じ持つなら断然バンクイックが価値が高いです。

バンクイックがなぜ従来の銀行の厳しい審査ではないのか?の理由は、
こちらのページを読むとバッチリわかると思います。

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細情報はコチラです

消費者金融から選ぶなら一押しはプロミス

プロミス

大手消費者金融でぜにぞうの一押しは、SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)です。

 

全国に無人機が設置されているのでストレスがないのですが、おすすめする理由は別にあります。

プロミスのどこが一押しなのかと言うと、理由は2つあります。

1つは上限金利が17.8%なので、他の消費者金融の標準金利(18.0%)より無条件で0.2%低いことです。これをスルーするのは目の前に落ちている3億円の当たりくじを拾わないくらいもったいないことです。

 

もう1つはメールアドレスを登録してWeb明細を利用するだけで、いきなり初回借入から30日間無利息でキャッシング利用できることです(※)。50万円であろうが300万円であろうが、借入金額にかかわらず約1ヶ月間の利息が免除されるのはかなりオイシイです!

(※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください)

 

プロミスの詳細情報はコチラ

女性専用のプロミスレディースの詳細情報はコチラです

 

 




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
ファイナンシャル・プランニング技能士(2級)
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書
経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る