ノーローンとレイクの違い

ノーローンとレイクの違いは?ぶっちゃけどっちがいいの? - キャッシング名人

MENU

ノーローンとレイクの違いは?ぶっちゃけどっちがいいの?

このページの最終更新日は2017年11月22日です

 

このページでは、「ノーローンとレイクの違いがわからない!どっちに申し込んだらいいの?」という人に向けて、ぜにぞうの見解を書いています。

 

参考にしてもらえたら嬉しいです!


この違いはちょっと見逃せない!

レイクは新生銀行が扱うカードローンで、
ノーローンは新生銀行グループのシンキ株式会社という会社が扱うキャッシングサービスです。

 

借入金利や申込資格などの違いはほとんどありませんが、
この違いはちょっと見逃せない!とぜにぞうが思うのが何かというと、

 

1

無利息サービスの違い

2

毎月の返済額の違い

3

ATM利用手数料の違い

4

楽天銀行との相性の違い

 

以上の4つです。
それぞれの項目でどっちの会社がオススメなのかを書いていきたいと思います。

 

無利息サービスで比較すると、

ノーローンの無利息サービスといえば、業界でインパクトのある
「何度でも1週間無利息」でキャッシングできることです。
一方のレイクは、
「借入れ5万円までを180日間無利息」または「借入金額無制限で30日間無利息」
のどちらかを選べます。

 

2社の違いは、利用できる回数と無利息期間です。
ノーローンは何度でも利用できてメチャクチャ魅力的ですが、期間は1週間と短いです。
一方のレイクは1回限りですが、30日間、場合によっては最大180日間、無利息になります。

 

結局どっちがお得なの?ということですが、
ノーローンの「何度でも」という恩恵を受けるための条件が、
「完済した日の翌月にまた1週間無利息で借りられる」
という仕組みだということを踏まえると、借入れのタイプによってお得な方が変わってきます。

 

[結論]

総合的に考えると、ぜにぞうは無利息サービスの観点ではレイクの方を押しています。

 

「給料日まであと1週間あるのに、お金がない。2万円でいいので何とかならないかなあ?」
みたいに借りてすぐ「月内」に返済できるような人は、
理論上、毎月、無利息で利用できる可能性があるのでノーローンがオススメです。

 

ただ、1週間後に返済できるだけのお金の余裕ができたとしても、
実際にその時になって行動できるか?というと、
よほど厳しく自己管理ができる人でないと難しいと思います。

 

ということを考えると、ほとんどの人は、
レイクを選んで30日間もしくは180日間の無利息の恩恵を受けるのがお得です。

 

毎月の返済額はレイクの方がやさしい

お金を借りた後の毎月の返済の負担感も重要な要素ですが、
レイクの方が返済額は少なくてやさしいと言えます

 

毎月の返済金額は、基本的に借入残高に応じて業者が決める
最低返済金額(ミニマムペイメントといいます)以上を支払うことになるのですが、
以下の表のように決められています。

 

 

5万円

10万円

20万円

30万円

50万円

100万円

ノーローン

4,000円

4,000円

8,000円

12,000円

15,000円

30,000円

レイク

3,000円

3,000円

5,000円

7,000円

12,000円

25,000円

 

5万円から100万円までのいずれのゾーンでも
レイクの方が数千円負担が少ないです。

 

返済額が少ないと完済までの期間が長くなって、
結果として支払い利息が増えるという欠点はあります。

 

ただ、必ずといっていいほど返済が重荷になる時があります。
余裕がある時は追加返済という手段もあるので、
毎月の返済額を少なくしておいた方が長期的に見てストレスがないと
ぜにぞうは経験上、感じています。

 

ATM利用手数料の比較ではレイクに軍配!

ATM手数料で比較すると断然レイクがお得です。

 

ノーローンは、レイクのATMのみ手数料無料ですが、
レイクは、新生銀行や自社のレイクATMはもちろん、セブン銀行、ローソンATM、
イーネットATMなど主要なコンビニに設置のATMが無料で利用できます。

 

通常、1万円以下の取引で108円、1万円超だと216円の手数料が
借入と返済の両方でかかるので、長期で使う場合、
有料か無料かの違いはムチャクチャ大きいです。

 

唯一ノーローンの方が有利な点

ノーローンは、審査結果が12時30分までに出れば申込日当日に借入れが可能です。
さらに楽天銀行口座を持っていれば、通常の締切時間の12時30分が17時まで延長されます。

 

つまり、午後から申込みをスタートしても当日に借入れできる可能性が高いということです。
さらに、契約日の翌日以降は24時間リアルタイムで振込キャッシングができます。
土日や夜間を含め手数料無料で借り入れできるのはイザという時に
かなり心強いと思います!

 

 

以上、4つの観点からノーローンとレイクを比較しましたが、
どちらがメリットがあるかは人によって変わってきます。
自分が最も優先する条件の優位な方を選ぶのが良いと思います。

 

ただ、ぜにぞうとしては、よほどの事情がない限りレイクに軍配があがる、
そう思っています。

 

レイクの詳細情報はコチラです