中小消費者金融の筆頭に考えたい会社とその理由

このページの最終更新日は2017年9月13日です

 

このページでは、中小消費者金融に申し込むなら筆頭業者に値すると考えている会社を紹介しています。

 

元貸金業者マンぜにぞうの視点で、その理由を徹底解説しているので参考にしてみてください。


少々前置きですが。

一押し業者を紹介する前に、中小消費者金融を選ぶ時に外せない条件を
おさらいしてみます。

 

この業者を選んだ理由にもなっているので、できれば読んでみてください。

(※説明はいいから、結論を早く聞きたいという場合は、ページ下のコチラに進んでください)

 

中小消費者金融が持つ最大の弱点

中小消費者金融に狙いを定める最大の理由は、大手に比べて審査がゆるいから、
というのが共通することだと思います。

 

この点はぜにぞうも否定しませんが、でも、それはほとんどの中小消費者金融に
共通することなので、その中でどの業者を選ぶべきか?というところが重要になってきます。

 

中小を選ぶ時点で多少なりとも追い込まれた状態にあると思うので、
とにかく審査に通りやすい会社ならどこでもいい!という人もいると思います。

 

でも、それだけだとかなり危険なので、ぜにぞうがもうひとつ重要と思う点を
次で具体的に説明したいと思います。

 

中小を選ぶ時に見落としがちなこと

ぜにぞうが中小消費者金融を選択する時に最重要だと思うのは、
(ちょっと固い話になりますが)経営基盤がしっかりしているか?ということです。

 

「この業者って信頼していい会社?闇金のようなことってない?」みたいな不安感を
ほとんどの人が抱くと思いますが、そういったネガティブなイメージの原因は、
中小業者につきまとう会社経営の不安定さが根本にあります。

 

大手のように潤沢な資金はないし豊富な人員も雇えない事情があるので、
商売スタイルはとにかく省エネで、融資の回収には目を血走らせるのが普通です。

 

そういう事情が、ネット申し込みで審査OKになったのにもかかわらず来店を要請したり、
多少、強引な取り立てになったりすることにつながっています。

 

経営基盤がしっかりしていて安定経営の会社なら、コストを浮かせるために
顧客に負担をしいることもなく、急に形相が変わって鬼のような取り立てを
する必要性もでてきません。

 

何事もそうですが、安定している相手と取引するのがケガをしない鉄則だと、
ぜにぞうは考えています。

 

最悪、こんなリスクも潜んでいる

経営基盤が弱い中小消費者金融で考えられるリスクに、
業者都合で金利を引き上げられる、ということがあります。

 

もちろん滅多にないことですが、貸金業法で決められた上限金利内であれば、
会社経営が苦しくなったことを理由に業者側の事情で、
融資金利を引き上げることが法律上できないわけではありません。

 

ましてや、貸金業界は法律のしばりや競争激化で廃業に追い込まれる業者もあるので、
もしそうなったらかなりややこしいことになります。
もちろん借金がチャラになることはありません。

 

 

ぜにぞう

以上のことを踏まえ、

ぜにぞうが中小消費者金融の筆頭に位置づけている業者を
次で紹介してみたいと思います。

中小消費者金融の筆頭に位置づけているのがライフティ

ライフティ

上で説明した中小消費者金融のリスクをすべて排除し、もっとも借りやすい業者として、ぜにぞうが一押しするのはライフティです。

 

ライフティは東京新宿に本社を構える全国対応の業者ですが、
ぜにぞうが数ある中小消費者金融の中から、なぜ筆頭に位置づけたのか?その理由は2つあります。

 

今、もっとも審査に通りやすいフォローの風が吹いている

ライフティはもともと独自の審査基準で柔軟対応してくれる業者なのですが、
キャッシング事業に本格参入したばかりの新人君です。

 

新人君の使命は、キャッシング事業を安定起動にのせるために固定客を集めることで、
今、審査基準を下げて積極的に新規顧客獲得をしている時期なので絶好のチャンスです。

 もっと詳しい事情はこちらのページで解説しています。

 

上場企業が親会社なので経営基盤に不安がない

ライフティの親会社は、東証一部に上場する大企業です。

 

中小消費者金融に対して抱く不安感の根底は、経営基盤の弱さにあると説明しましたが、
その点ではライフティはみじんの不安もありません。

 

強引な商売は絶対にできない、つまり顧客利益を無視した対応はできない立ち位置にあるので、
借りる側としてはムチャクチャ安心できる業者です。

 親会社との関係はこちらのページで詳しく説明しています。

 

ライフティの詳細情報はコチラです

 




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
ファイナンシャル・プランニング技能士(2級)
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書
経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る