融資以外でお金作る方法

融資以外でお金作る方法、経営者が知らないと損する情報!

MENU

融資以外でお金作る方法、経営者必見!

このページの最終更新日は2016年3月23日です

ぜにぞう

 

このページでは、融資以外で事業資金を調達する方法を紹介しています。

 

ビジネスローンや事業ローン審査がネックになっている経営者の人は、知っておくといざという時に頼りになる情報です。


融資以外にも頼みの綱がある

事業資金の調達方法といえば、銀行の融資か、
その他の金融会社が扱うビジネスローンといったところがポピュラーです。
というか、それくらいしか思いつかないのが普通です。

 

なので、事業ローン等の審査に通らない場合は、
闇金融の戸をたたくわけにもいかないので、
その時点でお金を作る道が閉ざされてしまうことになります。

 

でも、お金を作る手立ては残っています。もちろん正攻法で。
個人としてでは無理ですが、
経営者(個人事業主含む)であれば資金調達できる可能性がグンと高まる方法です。

 

事業上の資産を活用してお金を作れる

「資産を活用するってことは、担保にしてお金を借りるってこと?」
と思うかもしれませんが、そうではありません。

 

そらなら普通に担保ローンを考えればいいわけですし、
そもそも大事なものを人質にするのは、ぜにぞうとしては避けたいです。

 

じゃあどうするのかと言うと、売掛金を資金化するということです。

売掛金もりっぱな資産で、これがムチャクチャ頼れる存在になります。

 

ファクタリングという資金調達方法

ちょっと専門用語になってしまいますが、ファクタリングという仕組みを使います。

 

ファクタリングについてはこちらのページで詳しく説明していますが、
平たく言うと、売掛金を買い取ってもらって、すぐ資金化することです。

 

持っている売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、
取引先からの入金を待たずに、すぐキャッシュを手にできます。

 

手数料は発生しますが、融資とか借入金とは全く別物になり、
もちろん取引先に知られずに利用できます。

 

ちなみに、国も奨励している取引方法で怪しい金融取引ではないので安心です。

 

審査ハードルが低い

もちろん手続き上の審査はありますが、
融資ではないので、銀行審査のような高いハードルはありません。

 

赤字であろうが、信用情報に問題があろうが、税金滞納していようが
そんなことは関係ありません。

 

回収見込みのある売掛金かどうかがポイントになるので、
自社が審査対象というよりも取引先がフォーカスされます。

 

売掛金がいくらになるかが簡単にわかる

このスキームを利用する場合、ファクタリング会社を通す必要があります。

 

ただ、この取引自体がまだメジャーではないので、
ファクタリング会社の知名度も低く、選ぶのもけっこう難儀です。

 

なので、まずは売掛金がいくらになるのか知ることから始めてみると良いと思います。

資金調達プロ

資金調達プロというサイトは、売掛金を売却して事業資金を調達したい場合に、どのくらいの金額が得られるのか?を診断してくれる無料サービスです。

 

利用事業者数10,000社を突破している人気のサービスで、24時間利用可能です。個人情報を入力することなく、簡単な項目入力で10秒程度の操作で済みます。

 

資金調達プロの公式サイト上に、1日〜3日で数百万円、数千万円を調達した事例も紹介されているので、かなり参考になると思います。

 

 

資金調達プロの詳細情報はコチラです