銀行カードローン

銀行カードローンは消費者金融と何が違う? - キャッシング名人

MENU

銀行カードローンは消費者金融と何が違う?

このページの最終更新日は2017年5月22日です

 

個人向けの借り入れと言えば、消費者金融が長い間、幅をきかせていましたが、最近は銀行がカードローンを積極的に推進しています。

 

今までは、銀行と聞くだけで、敷居が高いとか、手続きが大変というイメージがありましたが、いまや、銀行カードローンは身近な存在になっています。

 

そうなると、銀行カードローンは消費者金融と何が違うの?という素朴な疑問が出てくるので、そのあたりのことをこのページでは解説しています。


銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行と消費者金融は、商売としての生い立ちが違えば、顧客層も違います。

 

なので、同じ「お金を借りられるサービス」であっても、
やはり提供者が異なれば、商品の細かい部分では違いがあります。

 

知名度のある銀行であれば、安心できる一面がある一方で、
やはり、ちょっと敷居が高いイメージもまだあるので、
消費者金融と比べて、良いのか悪いのか、よくわからないと言う人も多いです。

 

この「良し悪し」は、ハッキリ言って人によって評価が変わってきます。

 

金利が多少高くても、とにかく審査に通りやすい方がいいとか、
30万円レベルじゃなく、100万円くらいの限度額がほしいとか、
できれば即日、お金がほしい、、、など、

 

その人の状況や目的によって銀行カードローンに対する相性が変わるので、
銀行カードローンがどんなものなのかをざっくり理解できるように、
ここでメリット、デメリットを整理してみましょう!

 

<銀行カードローンのメリット・デメリット>

メリット 消費者金融よりも、低金利
消費者金融よりも、利用限度額が高い
総量規制の対象外なので、融資の上限が年収の3分の1という規制を受けない
収入証明書など必要書類が少なくて済む
コンビニATMなどで利用できて便利
銀行の他商品の取引状況によって優遇サービスも
デメリット 総量規制を受けない反面、審査が消費者金融よりも厳しい
銀行と保証会社の2社の審査通過が必要
即日キャッシングできる可能性もあるが、3〜5営業日かかる想定もしておいた方がよい
返済が一定期間遅れると、保証会社へ債権が移る

 

メリットの解説

銀行カードローンのメリットは、なんといっても消費者金融よりも
平均的に金利が低いことがあげられます。

 

なぜ低い金利で借りられるかというと、そこが銀行の最大の強みとも言えるのですが、
消費者にお金を貸すためには、あらかじめお金を準備しておかないといけませんよね。

 

消費者金融は、基本的には銀行から資金を調達して、
つまり金利を払ってお金を借りたうえで、それを消費者に融資をしています。
ところが銀行は、私たちから集めた預金があるので、それそのまま使えるわけです。

 

銀行は融資するお金を調達するコストがない分、
金利を抑えることができるというわけです。

 

それと、銀行が貸金業法の規制を受けないことによるメリットも大きくて、
消費者金融より自由度がたくさんあります。

 

総量規制の対象外なので、
年収の3分の1という融資上限の規制を受けないで借りられることや、
収入証明書などの必要書類が少なくて済んだり、
高い利用限度額が設定しやすいということがあります。
※総量規制については、こちらのページで詳しく説明しています。

 

さらに、銀行内の他の商品の利用によって金利を引き下げるサービスを行ったり、
コンビニATMなどで利用できたりするのも魅力的です。

 

デメリットの解説

メリットの多い銀行カードローンですが、デメリットもいくつかあります。

 

まず、審査が消費者金融よりも厳しい傾向があります。
これは、顧客信用度が消費者金融よりも少し高めの層をターゲットにしている
ということが言えます。

 

それと、これは銀行カードローンの仕組みの特徴なのですが、
保証会社というのがバックに控えています。

※銀行カードローンの保証会社については、こちらで詳しく説明しています。

 

なので、銀行と保証会社の2社の審査通過が必要です。
実際の貸し手である銀行の審査が通っても、
保証会社がNGを出せば借りられないということです。

 

お金を手にできるまでのスピード感ですが、
即日キャッシングできる可能性もありますが、
3〜5営業日かかることを想定しておいた方がよいです。

 

それから、万一、返済が一定期間遅れると、
保証会社へ債権が移って、以後はその保証会社から返済を要求されることになります。