キャッシングやローンの種類

このページの最終更新日は2014年12月4日です

 

銀行や消費者金融業者のホームページを見ると、キャッシングやローンの名称にさまざまなものがあります。

 

このページでは、呼び名の違う金融商品の種類について説明しています。

 

キャッシングやローンの種類や名称を覚えないと借り入れできなかったり、不利になるわけではないので、必ず読まないといけないページではありませんが、ざっくり知っておくことで、見た瞬間、どんな商品か分かるなどのメリットがあるので、流し読みでいいので読むことをおすすめします。


キャッシングやローンの名称が違うワケ

ひと口にキャッシングやローンと言っても、商品・サービス名はさまざまです。

 

例えば、「銀行カードローン」、「無利息キャッシング」、「レディースローン」などなど、
融資してくれる業者のホームページを見ていると、
さまざまな呼び名の商品が目に飛び込んできます。

 

はじめて見る時には、「これらは、いったい何が違うの?」と感じると思います。

 

ぶっちゃけ、お金を借りられるサービスであるという点では、何も変わりません。

 

利用者や利用目的、お金の貸し手が誰か、などによって呼び名が違うだけで、
サービスそのものに大きな違いはありません。

 

なので、覚える必要はあまりないのですが、
ただ、自分の状況や目的にもっとも適した業者や、商品を選ぶ時に、
呼び名を見ただけでその商品の概要が分かる、といったメリットもあるので、
ここで整理してみましょう!

 

金融商品の分類

キャッシングやローンなどの金融商品は、大きくグルーピングすると
以下のように分けることができます。

  • サービスの特徴による分類
  • サービス利用者による分類
  • サービスを提供する業者による分類

この3分類で、代表的な商品をピックアップしたのが下の表です。

 

サービスの特徴による分類 無利息キャッシング 一定期間の借り入れ利息が免除される商品
即日キャッシング 申込をしたその日に借入金を受け取ることができる商品。(受取方法はATMや振込などさまざま)
おまとめローン 複数社にまたがっている借り入れを1社に集約するために借り直すこと。(毎月の返済の負担を軽くしたり、総返済額を低くするのが目的)
その他 自動車ローンや住宅ローンなど、目的のあるローンや、不動産担保ローンのように担保を前提にした借り入れなどがあります。
サービス利用者による分類 レディースローン 女性を対象にしたキャッシングやローンのこと。商品内容は一般的なものと同じで、サポートなどを女性を意識していることが多い。
学生ローン 学生を対象にしたキャッシングやローン。
サービスを提供する業者による分類 銀行カードローン 銀行が提供するキャッシングやローンのこと
銀行系キャッシング 銀行の子会社など、銀行がバックについているクレジットカード会社などが提供するキャッシングやローンのこと。
信販系キャッシング 商品の分割払い購入を強みにする信販会社が提供するキャッシングやローンのこと。
消費者金融キャッシング 消費者向けの融資を主業務にしている専業者が提供するキャッシングやローンのこと。

 

このページでは、「◯◯キャッシング」や「◯◯ローン」というような呼び名のついた商品の
主に◯◯の部分の分類の考え方を説明しました。

 

キャッシングとローンという呼び名自体も、実はあまり深い意味はないのですが、
ただ、キャッシングとカードローンの違いがわからなくて質問されるケースが多いので、
その点に関しては、別のページで解説しています。
よかったら、そちらのページも読んでみてください。

 

「キャッシングとカードローンの違いって何?」のページはコチラ

 




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
ファイナンシャル・プランニング技能士(2級)
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書
経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る