キャッシングとは

キャッシングって、そもそも何?

MENU

キャッシングって、そもそも何?

このページの最終更新日は2014年12月4日です

 

このページでは、当サイトのメインテーマであるキャッシングについて解説しています。

 

キャッシングという言葉じたいは、普段、テレビや雑誌などで広告がたくさん掲載されているので、見聞きする場面が多いのですが、そもそもどういうものなのか?ということをおさらいで書いています。

 

「基本中の基本」的な話になるので、キャッシングのことをわかっている人にとっては、たまらなく退屈なページになるかもしれません。

 

なので、「具体的な借り方は?」とか「おすすめの業者ってどこ?」というように、すぐお金を借りたい人は、このページはスルーして、こちらのページを読んでください。


キャッシングとは?

キャッシングを短い言葉で表すとすれば、「個人向けの少額の融資」のことです。

 

キャッシングというのは、英語の現金を意味する「cash(+ing)」という単語が使われているように、
お金を融通してもらうこと、つまりお金を借りることを指します。

 

一般的にお金を借りると言うと、借り手はさまざまで、個人だけではなく企業だって銀行からお金を借りますよね。
でも、ここでいうキャッシングというのは、
私たち一般庶民が個人として銀行や消費者金融会社からお金を借りるサービスのことをいいます。

 

個人として借りるわけなので、借りることのできる限度額は、
企業が融資をうける時のような数百万円とか数千万円といった高額なものではなく、
数万円から数十万円といった少額なものになります。

 

そして、借りる時は、「無担保・無保証」というのが最大の特徴です。
つまり、万一、返済できなくなった時の担保をあらかじめ差し出す必要もなければ、
身内などを保証人に立てる必要もないということです。

 

無担保・無保証でお金を借りられるのは、借りる側からすると夢のような話です。
では、貸す側である銀行や消費者金融会社は損をしているのか?というと、そんなことはありません。

 

ボランティアでお金を貸すわけではないので、無条件で貸すなんていうバカげたことはしません。
当然、貸し出す相手を見て、「この人だったら貸してもいい」という判断の元でお金を貸すということになります。

 

その時、基準にしているのが『個人としての信用力』です。
つまり、借り手個人の収入力(=返済能力)、社会的立場、信用情報などから判断される
個人の信用に代えて、お金を貸してくれる仕組みだということです。

 

「この人だったら、30万くらい無担保・無保証で貸してもいいかな!」と判断するってことですね。
なので、限度額が人によって違っていることもあるし、場合によっては審査に通らない場合もあります。

 

ローンとの違いは?

ここまで聞くと、「ローンと同じこと?」と思うかもしれません。
車や高額家電や家などをローンを組んで買うことがありますが、
それらも個人として無担保・無保証でお金を借りるという点ではキャッシングと同じですからね。

 

でも、キャッシングとローンの大きな違いが3つあります。

 

1つ目が、お金の使い道の違いです。
ローンは車や家といったように、借りたお金の使い道(=使う目的)が決まっていて、
それ以外には使えません。

 

それに対してキャッシングは、何に使ってもいいんです。
「使途自由」という表現が使われますが、車検代に使おうが、ブランドバッグを買おうが、食料品に使おうが、
どんな目的にも自由にそのお金を使うことができます。

 

2つ目が、繰り返し使えるかどうかの違いです。
ローンは、毎月の返済額と返済回数がはじめから決まっていて、ただ返済するだけで、
追加でお金を借りることはできません。

 

でも、キャッシングは、利用できる枠が決まっていて、その範囲内であれば、繰り返し何度でも借りることができます。
例えば、30万円の融資枠があったとすれば、今日15万円使って、1週間後に10万円使うということができます。

 

さらにその1週間後に使う時は、30万円の枠で空いている5万円が追加で使えます。
返済すれば枠が空くので、空いた分の中でまた利用することができます。

 

そして3つ目の違いが金利の違いです。
1つ目、2つ目までは圧倒的にキャッシングの方が良い点ばかりが目立ちますが、金利の面では優劣が逆転します。

 

車のローンを組んだ経験がある人は知っていると思いますが、金利はせいぜい5%以内に収まるし、
家のローンともなれば1%台とかもあって、基本、ローンは低金利です。

 

でも、キャッシングは、消費者金融であればほとんど18%、銀行なら14〜15%といった感じで、
ローンとキャッシングでは10%以上も金利差があるのが実態です。

 

キャッシングは、自由に使える反面、金利が高いというデメリットがあることを忘れてはいけません。

 

このページの前の方で、キャッシングは無担保・無保証で利用できると説明しましたが、
貸す側の銀行や消費者金融業者は、貸したお金を踏み倒されるリスクがあるので、
その穴埋めとして金利を高くしているということです。

 

 

ここまでの説明をまとめると、
キャッシングは、無担保・無保証で、何にでも自由に使える反面、金利が高い
という特徴があります。

 

なので、長期的にお金を借りるためのものではなく、
短期的なお金のニーズに答えるサービスだということができます。

 

ずっと狙っていたコンサートチケットがゲットできそう、、
友達の結婚式のご祝儀を用意しなくちゃ、、
でも、給料日前で、ちょっとお金が足りない。

 

そんな時に、一時しのぎ的に、ちょっくら2〜3万円つなぎでお金を借りる、
というような使い方がキャッシングの本来の姿です。