カードローン 勤続年数が短くても借りれるところってある?

このページの最終更新日は2019年4月8日です

 

このページでは、カードローンやキャッシングの申し込みをしたいけど、勤続年数が短くても借りれるところがある?という不安を持っている人に向けて書いています。

 

ページの最後に、勤務年数が短くても比較的、借りやすい業者をぜにぞう目線で紹介しています。


そもそも勤続年数が短いってどのくらい?

勤続年数が短くても借りれるところがあるかどうか?を考える場合、
「どのくらいだと短いと見られるのか?」を知る必要があります。

 

ちょっと話がそれてしまいますが、
貸金業者や銀行などお金を貸す側のビジネスがどういうものかというと、
お金を貸して、利息をいただく、というシンプルなものです。

 

なので、「この人は、真面目に返済してくれて、もうけさせてくれるか?」
ということが業者が審査で見るポイントになります。

 

その”真面目に返済してくれるかどうか”を判断する項目のひとつが勤続年数です。

 

ただ、実際のところ、勤続期間が何ヶ月以上とか何年以上ならOK、
という明確な基準が業者側にあるわけではありません。
もっとはっきり言うと、今の会社の勤務年数だけ聞いても何も判断できません。

 

履歴書のように過去の職歴を全て情報開示するということなら、
過去の歴史や流れがわかるのである程度、人物像がわかりますが、
長い職歴の中で”今現在”というところで輪切りにした情報(=勤続年数)が分かっても、
返済能力を測ることができないのが実情です。

 

ましてや、転職が珍しくない今の時代においては、
勤続年数は昔ほど重要な要素ではなくなってきています。

 

元貸金業者マンのぜにぞうの口から言えるのは、
貸金業者は、お客の業種、職種、年齢、年収、勤務年数など複数の項目を使って
いわゆる”総合的に”審査しますので、勤務年数が短いことの一つだけをみて
マイナス評価したりはしません。

 

ですので、勤務年数を気にする必要はまったくありません。
勤続期間が1ヶ月や3ヶ月であろうが半年、1年であろうが、
気にしていたらエネルギーを浪費するだけに終わってしまいます。

 

どうしても勤続年数に不安がある人は。。

とは言っても、勤務年数が少ないことの不安を振り払うことができない場合も
あると思います。

 

そういう場合は、ぜにぞうが客観的データをもとに審査の通りやすさを分析しているページがあります。

少しでも審査の通りやすい業者を教えて!という人は、
そちらのページで紹介している三菱UFJ銀行のバンクイックもしくはアコム
申し込み先の筆頭に考えてもらえればいいと思います。

 

(参考:大手業者の審査承認率を分析したページはコチラです

 

勤続年数に不安がある人にオススメの業者

バンクイック

バンクイック

申し込みしやすさで消費者金融と差がないのがバンクイックなので、消費者金融よりもバンクイックの方がステイタスがあって、カッコイイっ!という結果になるので激しくオススメします!

バンクイックがなぜ従来の銀行の厳しい審査ではないのか?の理由は、
こちらのページを読むとバッチリわかると思います。

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細情報はコチラです

2番手にオススメはこの業者

アコム

アコム

消費者金融で一押しなのはアコムです。(→その理由はぜにぞうが新規貸付率を分析したこちらのページで詳しく解説しています)
審査回答までなんと最短30分という速さと、融資までの時間が最短1時間というスピード感は企業努力が背景にある、とぜにぞうは思っています。

Pay-easy(ペイジー)を利用することでインターネットから土日祝日を含む365日24時間、振込手数料無料で返済することができるなど利便性でも穴のない業者です。
最大30日間金利0(ゼロ)円サービスも嬉しい特典です!

 

アコムの詳細情報はコチラ

将来の可能性をみてくれるJ.Score (ジェイスコア)も魅力

J.Score(J.Score (ジェイスコア))のスコアレンディング

J.Score (ジェイスコア)はみずほ銀行とソフトバンクが共同で設立した会社で、J.Score (ジェイスコア)が提供するAIスコア・レンディングも候補にいれたいカードローンです。

 

というのは、J.Score (ジェイスコア)のカードローンのコンセプトが他社とは違っているからです。
一般のカードローンは基本的に申し込みする人の「今」を見ます。なので申し込みした時点の信用度が低ければ、厳しい結果になります。

 

でもJ.Score (ジェイスコア)は「未来の可能性」を加味します。つまり、今の状態だけでなく将来の可能性を加味してくれるので、審査の敷居がぐっと低くなるということです。

 

「学生や若い社会人に、自己実現のチャンスを与えたい!」という応援メッセージが込められたコンセプトになっているので、他のカードローンにはない柔軟性は僕らにとってとてもありがたいです。

 

AIスコア診断で自分の借入条件が借入申込みの前に確認できるのはとても便利、年0.8%(※)〜12.0%という銀行や消費者金融では考えられないありがたい金利水準です。
(※貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo!JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用されます)

 

J.Score スコアレンディングの詳細情報はコチラ

 

このページの先頭へ戻る