毎月の最低返済額

毎月の最低返済額の主要業者比較をしてみました - キャッシング名人

MENU

毎月の返済額の主要業者比較

このページの最終更新日は2018年3月16日です

 

大手消費者金融のキャッシング、大手銀行カードローンについて、毎月の返済額を比較してみました。

 

借入れした後の毎月の返済というのは、基本的に借入残高に応じて業者が決める最低返済金額(ミニマムペイメントといいます)以上を支払うことになりますので、このページでは、その金額で比較しています。


主要業者の毎月の最低返済額一覧

(単位:円)

業者

借入残高

5

万円

10

万円

15

万円

20

万円

30

万円

50

万円

70

万円

100

万円

120

万円

プロミス

2,000

4,000

6,000

8,000

11,000

13,000

18,000

24,000

24,000

アコム

3,000

5,000

7,000

9,000

13,000

15,000

21,000

30,000

36,000

アイフル

4,000

4,000

8,000

8,000

11,000

13,000

18,000

26,000

28,000

SMBCモビット

4,000

4,000

8,000

8,000

11,000

13,000

18,000

26,000

30,000

バンクイック (※1)

2,000

2,000

4,000

4,000

6,000

10,000

14,000

20,000

24,000

楽天銀行スーパーローン

2,000

2,000

5,000

5,000

5,000

10,000

15,000

15,000

20,000

みずほ銀行カードローン

10,000

10,000

10,000

10,000

10,000

10,000

20,000

20,000

30,000

(※1)バンクイックは借入利率 年8.1%超の場合

 

 

プロミスからSMBCモビットまでが消費者金融で、
バンクイック以下が銀行カードローンです。

 

消費者金融の方が返済額が低い(またはその逆)というような業態別の特徴はあまりなく、
個々の業者によって全く違うという感じです。

 

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックが、小額から高額までの各ゾーンで
いちばんやさしい返済になっています。

 

借入残高50万円超だと業者による金額の差は大きくありませんが、
50万円以下だとかなり業者の特徴が現れています。

 

特に10万円以下の借入残高だと、2,000円から10,000円までの幅があるので、
業者の遅いで返済のしやすさに大きなギャップがあるので、しっかり吟味しましょう!

 

返済しやすさで他社を圧倒しているのがバンクイック

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

バンクイック

ぜにぞうが返済しやすさでダントツだと思っているのが、どの金額帯でもいちばん返済が楽チンなバンクイックです。

 

実はもうひとつバンクイックをオススメする理由があります。それは、銀行本来の厳しい審査基準ではないということです。

ステイタスの高いメガバンクのローンなのに、消費者金融並みの審査ハードルなので、申し込む先の筆頭に置きたい銀行カードローンです。

バンクイックがなぜ従来の銀行の厳しい審査ではないのか?の理由は、
こちらのページを読むとバッチリわかると思います。

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細情報はコチラです