ATMで1000円未満を返済できない深〜いわけ

このページの最終更新日は2019年10月3日です

 

消費者金融のATMでの出金、入金は紙幣ベースとなっていて小銭の取扱いはしていません。

 

消費者金融のキャッシングを普通に使っている分には、千円未満の端数はお目にかからないので硬貨が使えないことなど気にもしないと思いますが、実はそこには深〜いワケがあります。

 

完済や解約をしないしない限りあまり関係のない話ですが、消費者金融の商売がうまさがわかる事例として、ちょっと書いてみたいと思います。


 

 

ATMで硬貨が使えない理由は2つ

消費者金融のATMで硬貨が使えない理由は2つあって、
1つはズバリ、管理が大変だから、です。

 

コインを使えるようにするためのシステム開発に巨額な投資が必要なうえ、
ATMのハード面の入れ換えも行う必要があります。
さらにおそらくコレが一番やっかいなことなのですが、
硬貨の回収、補充などのメンテナンスがめちゃくちゃ大変だからです。

 

でも、これらは表面的な理由であって、
実はもっと商売の根っこの部分に関係する深〜いワケがあります。

 

それはどんなビジネスにも共通することなのですが、
消費者金融の商売がうまさがよくわかるので次に詳しく見て行きましょう。

 

2つ目の理由は消費者金融がイチバン恐れていること

消費者金融が、お客に一番してほしくないことって何だと思いますか?

 

単純に考えると「貸し倒れ」ですかね?
貸したお金を回収できないことは業者の立場からはなんとしても回避したいことです。
でも実はもうひとつ商売上の理由があるとぜにぞうは思っています。

 

それは、完済されることです!

 

「えっ?事故なく完済してもらったら業者は嬉しいんじゃないの?」と思うかもしれません。
もちろん、そうなんですが、完済するってことは業者にとっては収入源を失うことを意味します。

 

カードローンの場合、ほとんどの人が完済まで行かずに追加借入れを繰り返すので、
完済するってことは、顧客を失うことに等しいんです。

 

ビジネスにおける顧客には、新規顧客と既存顧客がありますが、
既存顧客をひとり失うのは、新規顧客何十人分の価値にも相当するとも言われているように、
消費者金融にとっては大きな痛手になります。

 

消費者金融にとっては、顧客がきれいさっぱり完済して去っていってしまうより、
できえば留まってほしいと考えるのが自然です。

 

だからと言って、業者側がATMで硬貨を取り扱わないようにして、
意図的に完済しにくい仕組みにしている、なんて乱暴なことは言いませんが、
ATMで硬貨が使えないことで結果的に完済しにくいことは否めません。

 

ATMで硬貨が使えないことは、顧客を離さないことに一役買っている

借入れや返済のときは、千円または万円単位で取引できれば問題無いですが、
完済となると最終回の返済は必ず千円未満の端数が発生します。

 

もし、ATMから硬貨でおつりが出る状況だと、
コンビニATMとかで簡単に完済ができてしまいます。

 

でも、おつりが出ないとしたらどうでしょう?
例えば、この金額を返済すれば完済するという金額が250円だとして、
おつりが出ないのを承知で1000円を入金するというのは、
人の心理からしてしにくいですよね。多分しません。

 

完済しようとすれば、まずは消費者金融に電話をしないといけないし、
返済金である250円よりも高い振込手数料をわざわざ負担して
業者の口座へ振込をしないといけません。正直かなり面倒ですよね。

 

ATMで硬貨が使えないのは、消費者金融が上記のことを最初から狙ってやったわけではなくて、
たまたまATMの運用上の理由から生まれた副産物です。

 

でも、同じ金融業界に位置する銀行ATMが硬貨が扱えることを考えると、
いまだに消費者金融のATMで硬貨の取扱いを開放していないということは、
顧客とのつながりを断たないための戦術ともいえますね。

 

かっこ良く言ったら、マーケティングの一環とも言えますね。

 

借入残高の端数の返済を放置したらどうなるの?

ATMで返済後、利用残高が1,000円未満になった場合は、無利息残高になります。

 

無利息残高というのは、利息や手数料をつけす、支払期限も設定しない残高として
取り扱いする金額のことで、次回借入れがあった時に精算されるものです。

 

つまり、実質的には完済したという扱いにして、ただ契約上は関係が維持されます。

 

消費者金融としては、顧客とのつながりを断たないことが目的なので
わざわざ250円を回収するために顧客にアプローチすることはまずありません。

 

ある意味、一生返さなくていい金額ですが、気持ち悪いから解約したいという場合は、
業者へ250円を支払うことが必要となります。

 

アイフルは一括返済時の千円未満残高の取扱いを変更

アイフルは、ATMで1000円未満の端数を返済できないことに対して、
平成30年4月に改善を行いました。

 

小銭で返済できないことには変わりないのですが、
公式サイト上で無利息残高になることを明言しました。

 

アイフル公式サイト https://www.aiful.co.jp/page.jsp?id=30353

(抜粋)

ATMからのお支払いは千円単位のお取引ですので千円未満の端数が残ります。

 

平成30年4月15日より千円未満の端数については「無利息残高」になるよう変更いたします。

 

お客様が再度当社をご利用しない限り、当社からは請求せず利息も発生しません。

 

従いましてお客様が再度ご利用されない場合、お支払頂く必要はありません。

 

再度アコムを利用しない限り、支払う必要もないし、
利息も発生しないことを公表したので、放置しておいても問題ないです。

 

どうしても無利息残高の清算を希望する場合は、
店頭窓口や銀行振込で支払うことができます。

 

レイクALSAは完済時に硬貨でお釣りがでる

レイクALSA

レイクALSA

消費者金融は基本的にATMで硬貨の取扱いはできません。でも、レイクALSAは提携先の新生銀行レイクATMで全額返済する場合、紙幣で支払いした後、端数が硬貨でお釣りがでます。

 

コンビニなどに設置の提携ATMが手数料無料。約500の金融機関口座であれば、24時間365日、土日・夜間でも指定口座に即日振り込み可能なのが魅力。

 

レイクALSAの詳細情報はコチラです

 

ATM返済時に端数を硬貨で払える銀行ローン

バンクイック(三菱UFJ銀行カードローン)

バンクイック

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、三菱UFJ銀行ATM(平日8:45〜18:00 ※)で返済時に硬貨を使えます。(※一部の無人ATMでは、硬貨を取り扱っていない場合があります)

 

メガバンクの格式を持ちながら消費者金融並みの審査ハードルだという点が魅力で、実はぜにぞうの一押しのカードローンです!

バンクイックがなぜ従来の銀行の厳しい審査ではないのか?の理由は、
こちらのページを読むとバッチリわかると思います。

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細情報はコチラです

 




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
ファイナンシャル・プランニング技能士(2級)
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書
経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る