消費者金融とヤクザ

消費者金融がヤクザを使うというのはウソの理由 - キャッシング名人

MENU

消費者金融がヤクザを使うというのはウソの理由

このページの最終更新日は2017年7月25日です

 

消費者金融(いわゆるサラ金)に対する世間の見方や認識には、明らかに誤解といえるものがあります。

 

その一つが「消費者金融のバックにはヤクザがいる」というような見方ですが、このページでは、そんなイメージのある業界の真実の姿を紹介してみたいと思います。


 耳寄り情報!

ヤクザとは無縁どころか、最高峰のステイタスなのに、僕らにとって願ったりかなったりと言える、審査上の特殊事情をもつ、見逃すと損する一押しローンをページ最後で紹介しています。→すぐ見る

 

消費者金融の社員はあくまでもサラリーマン!

断言してもいいいのですが、まともな消費者金融業者であれば、
取り立ての時にヤクザを使うことはありません。

 

口調が威圧的で怖そうな社員がいることは否定できませんが(汗)、
違法な暴力的取り立てに出ることは基本的にありません。

 

消費者金融というのは、なんせお金の貸し借りを商売にしているわけなので、
お客の中には一筋縄ではいかない人もいます。

 

そういうお客と渡り合っていかないといけないので
生半可なことではつとまるはずもありません。

 

お金の貸し借りの修羅場をくぐり抜けた歴戦の金融屋とも言えるので、
社員は肝のすわった人が多いですが、だからと言って暴力的な行為にでることはないし、
ましてやヤクザを使うなんてことは、ヤミ金でないかぎりないと言っていいです。

 

何度も返済の約束を平気でやぶって、支払う意思がない悪質なお客でない限り、
心臓をわしづかみにするような低いトーンの怖い声で迫られるようなこともありません。

 

彼らはあくまでもサラリーマンなので、もし誤解した見方をしていたのであれば、
そのあたりは認識を変えて安心してもらって大丈夫です。

 

消費者金融はイメージが命の商売

もし、消費者金融業者が万が一にもヤクザを使ったり、
使わないまでも暴力的な取り立てをしたらどうなるかと言ったら、一発で営業停止です。

 

なので、そんな違法行為はそもそもしないのですが、
実は、もっと注意していることがあります。
それをおろそかにしたら、営業停止と同じくらい業者にとっては痛手になることです。

 

それが何かというと企業イメージです。
消費者金融がもっとも大事にしているものが実はイメージで、
イメージでメシを食べていると言っても過言ではありません。

 

消費者金融にお金を借りに行って、キラキラ光る下品なネックレスを
ジャラジャラいわせた担当者がでてきたらどう思うでしょうか?

 

そりゃ怖いですよね。こんな業者で借りて、万一返済が遅れたりしたら
エライことになる!と感じてしまうと思います。

 

そうなったら客足が遠のくのは目をつむっていても分かることで、
そうならないように消費者金融はそれとは違ったイメージ戦略を打ち出すんです。
愛らしい動物や人気のタレントを使ったCMを展開しているのもそのためです。

 

服装規定からしてもイメージの重要性がわかる

イメージを大事にしている良い事例があります。
消費者金融の店舗に行く機会があまりないと分からないのですが、
社員の服装の規定がムチャクチャ厳しいんです。

 

パンチパーマ(もう死語になってますが、笑)禁止、角刈り禁止はもちろんですが、
茶髪・金髪禁止、派手なアクセサリー禁止、スーツは紺か茶系、
極めつけは、カラーYシャツ禁止で着ていいのは白色のみとしている業者もあるほどです。
大手になればなるほどキッチリしていると思います。

 

暴力的な対応は業者存続のブレーキになる!

消費者金融は、新規顧客を獲得していかないと商売が成り立たない業界です。

 

一度契約したらずっと借り続けてくれる都合のいいお客ばかりではなく、
例えば50万円を借りて、その後、追加借入することなく完済する人もいます。

 

そういう優秀ともいえるお客は、業者にとってみれば、
そこで縁が切れてしまうので、あまりありがたいことではないんです。
滞納することなくずっと使い続けてくれる人が一番良いお客というわけです。

 

完済する人や返済できなくなって自己破産する人もいるので、
新規に顧客をとっていかないとジリ貧というわけですね。

 

キャッシングは無担保の商品なので、貸せるだけ貸してもうけるという戦略は
リスクがあってとれません。

 

収入に応じてリスクのない範囲で融資するしかないので、
企業融資のように莫大な融資案件を1件とってそれで儲ける!
みたいなことができない、言ってみれば薄利多売的な商売です。

 

なので、新しいお客さんが寄り付いてくれなくなることを一番恐れているので、

お客の足が遠のくような悪いイメージにつながる行為はしないと考えてもらって大丈夫です。

 

「そうは言ったって、消費者金融の中には怖い業者はいるんでしょ?」と
不安を消せない人がいるかもしれませんが、
少なくともこのサイトでぜにぞうが紹介している業者は、
金融庁に貸金業登録され、さらに日本貸金業協会に加盟するまっとうな業者だけなので
どの業者を選んでも大丈夫です。

 

その中でも、最高峰のステイタスを持っているのに、審査上のうれしい特殊事情があって、
これを見逃すと損するといえるローンがあります。

 

見逃すと損するぜにぞう一押しローン

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

 

ぜにぞうがムチャクチャおすすめするのが、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

『メガバンクなら高ステイタスは当たり前だけど、銀行だから審査厳しいからムリムリ!』と思うかもしれませんが、バンクイックは銀行本来の厳しい審査基準ではありません。

消費者金融並みの審査ハードルなので、同じ申し込むのであれば、消費者金融よりもバンクイックの方がダンゼン価値が高いです。

 

もちろんスペックも以下のように申し分ないです。

  1. メガバンクならではの低金利(1.8%〜14.6%)
  2. コンビニ提携ATMが手数料無料
  3. 毎月の返済額が業界一低く返済が楽
  4. 24時間365日申込可能

 

バンクイックがなぜ従来の銀行の厳しい審査ではないのか?の理由は、
こちらのページを読むとバッチリわかると思います。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の詳細情報はコチラです