「みなし弁済」というのは、簡単に言ってしまうと、文字どおり、「弁済(返済)したことにみなされる」正当な返済だということです。貸金の世界は、利息制限法という法律と、出資法という法律の2つの法律が関係しています。この2つの法律には、借入者に利息として請求できる上限利率が決められていて、利息制限法のそれは20%で、出資法は29.2%でした。ちなみに、この2つの上限利率の差の範囲を「グレーゾーン金利」と呼...

このページの先頭へ戻る