残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式

MENU

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式というのは、返済方式のひとつで、
元金と利息を合わせた毎月の最低返済額が、借入れ残高にスライドして変動していく方式です。

 

例えば、金利が年率18%くらいのキャッシングであれば、
利用残高と毎月の最低返済額の関係は、だいたい下の図ようになります。

 

残高スライドリボルビング方式

 

「ふーん、利用残高に応じて、返済額が変わっていくのね!」
と何気なく見てしまいますが、残高スライドリボルビング方式は注意が必要です。

 

というのも、残高が変われば、最低返済額が自動的に変わります。

 

いつもの調子で例えば、「先月と同じ3000円返済しておけばいいよね」なんて思っていると、
実際には残高が増えたことで最低返済額が5000円に変わっていて、
滞納になってしまうリスクがあります。

 

たかだか数千円の違いとはいっても、延滞にはかわりありません。
つまり、返済管理に少し気を使わないといけないということです。

 

はじめて借入れした時に、その金額に応じて最低ご返済額が設定されますが、
その後は、追加借入れや返済した時に利用残高が増減し、
そのタイミングで最低返済額が再設定されます。

 

残高スライドリボルビング方式のキャッシングやカードローンを利用する場合は、
最低返済額の変化に注意しましょう!