残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式というのは、返済方式のひとつで、
元金と利息を合わせた毎月の最低返済額が、借入れ残高にスライドして変動していく方式です。

 

例えば、金利が年率18%くらいのキャッシングであれば、
利用残高と毎月の最低返済額の関係は、だいたい下の図ようになります。

 

残高スライドリボルビング方式

 

「ふーん、利用残高に応じて、返済額が変わっていくのね!」
と何気なく見てしまいますが、残高スライドリボルビング方式は注意が必要です。

 

というのも、残高が変われば、最低返済額が自動的に変わります。

 

いつもの調子で例えば、「先月と同じ3000円返済しておけばいいよね」なんて思っていると、
実際には残高が増えたことで最低返済額が5000円に変わっていて、
滞納になってしまうリスクがあります。

 

たかだか数千円の違いとはいっても、延滞にはかわりありません。
つまり、返済管理に少し気を使わないといけないということです。

 

はじめて借入れした時に、その金額に応じて最低ご返済額が設定されますが、
その後は、追加借入れや返済した時に利用残高が増減し、
そのタイミングで最低返済額が再設定されます。

 

残高スライドリボルビング方式のキャッシングやカードローンを利用する場合は、
最低返済額の変化に注意しましょう!




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
ファイナンシャル・プランニング技能士(2級)
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書
経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る