セントラルのキャッシング

セントラルのキャッシング・カードローン - キャッシング名人

MENU

セントラル

このページは2017年6月26日時点の情報です

セントラル

セントラルは、40年以上も営業を続けている老舗の中堅消費者金融で、全国対応なのでどこからでも申込むことができます。

 

最大の特徴は30日間金利0円サービスがあること。中小業者で無利息サービスがあるのは貴重な存在です。

 

中小クラスの消費者金融は実態が見えにくいので、安全性で選ぶのが重要ですが、その点セントラルは愛媛県松山市を本拠地に四国・中国地方で12拠点を展開し、セントラルくんのキャラで知名度が高い業者なので安全して利用できます。

 

中堅でありながら大手のように自前のATMや自動契約機(セントラルくん)といった強固な基盤をもつほか、全国のセブン銀行ATMでも利用できる利便性もあり、また最短当日の融資にも対応しています。パート・アルバイト、個人事業主でも申込み可能で、女性専用のキャッシング「マイレディス」も扱っています。

実質年率

利用限度額

審査時間

即日借入

総量規制

4.8%〜18.0%

1〜100万円

最短即日

対象

ネット申込の環境

申込年齢

返済方式

ネット完結

満20歳以上70歳以下

残高スライドリボルビング方式

貸金業登録番号:四国財務局長(6)第00083号、日本貸金業協会会員 第001473号

 

セントラルのキャッシング、詳細情報はコチラです

女性専用キャッシング「マイレディス」の詳細情報はコチラです

インターネット申込がベストな理由

セントラルの申込方法は、自動契約機セントラルくん、電話、
インターネットの3つがありますが、ぜにぞうは、だんぜんネット申込みをいち押しします。

 

というのも、まず電話だと、かけるタイミングと場所が限られてしまいます。
それに少なからず緊張するので、優先順位としては後に回ると思います。

 

じゃあ自動契約機だとどうかというと、準備不足によって出鼻をくじかれるリスクがあります。

 

例えば、勤務先の会社の資本金がいくらか、知っている人は多分ごく少数です。
そういう細かい事を入力フォームで聞かれるので、情報不足があると出鼻をくじかれます。

 

それに、審査や契約に必要な書類も細かく決められているので、
書類の不備があったら、一旦、家に戻らないとならないリスクがあることも、
自動契約機での申し込みをおすすめできない理由です。

 

その点ネット申込みであれば、時間と場所を選ばず自分のペースで手続きできます。
夜、自宅でゆったりした時間帯や昼間の休憩時間に、
ささっと申込んでしまえる便利さがあります。

 

必要書類もキッチリ確認してから手続きを進められるので、
ムダな労力をかけることもありません。

 

以上の理由でぜにぞうはネット申込み派ですが、電話や自動契約機でも抵抗を感じない場合は、
もちろん自分の好みの方法で申込めばOKです。

 

ネット申込みでも当日借入が可能

借入は基本、専用のカードが手元にないと始まりませんが、
急ぎの場合は、自分の指定する口座へ振込んでもらえます。

 

午後2時までに申込めば当日中、午後2時以降でも夜6時までに申込みが完了すれば、
翌朝一番に振込んでもらえる
柔軟さがあるので、急ぎの場合も頼れます。

 

遠方から申込みの場合の注意点

セントラルのキャッシングは、審査承認後のステップとして、
自動契約機(もしくは店頭)で契約手続きが必要になります。

 

その時に問題になるのが、距離的な問題で足を運ぶことができない場合です。
全国対応しているので、このケースは当然発生するわけですが、
その場合は、郵送での契約手続きになります。

 

郵送での手続きが完了しないと借入れできないわけではなく、
先行して口座に振込みしてくれます。
後日書類を記入し返送すればいいのは、ユーザー目線の対応でありがたいです。

 

ただ、契約手続きを郵送で行った場合は、カードは発行されません。
なので追加の借り入れをしたい場合は、振込みキャッシングの扱いになります。

電話またはメール問合せフォームから申込むという、
アナログの手続きになる点は目をつぶらないといけません。

 

首都圏にも無人契約コーナーが続々オープン!ネットで申込→無人契約コーナーで契約、が便利に。

 

新宿)2017年6月19日新規オープン
渋谷)2017年5月26日新規オープン
銀座)2017年4月13日新規オープン
池袋)2017年3月13日新規オープン
横浜)2016年12月5日新規オープン

 

滞納経験の申告は包み隠さずに。

ネット申込時の入力必須項目に「過去の滞納経験の有無」があります。

 

滞納といっても数日遅れたレベルは関係なくて、3ヶ月以上の滞納経験がある場合に該当しますが、
大事なのが包み隠さず事実を申告することです。

 

というのも、仮に隠したとしても貸金業者は審査の際に、
信用情報機関から他社の情報も含めて、過去の取引履歴を入手します。
この作業はルーチンになっていて、必ずわかってしまいます。

 

申告せず隠した時点で審査時の信用度が下がってしまうので、
まじめに申告するのが逆に信用度を高めます。

 

 

セントラルのキャッシング、詳細情報はコチラです

女性専用キャッシング「マイレディス」の詳細情報はコチラです