レイク

新生銀行カードローン レイク - キャッシング名人

MENU

新生銀行カードローン レイク

このページの最終更新日は2017年5月10日です

新生銀行カードローン「レイク」

レイクは以前は消費者金融でしたが、新生銀行が事業を買い取って2011年から新生銀行のカードローンとなりました。

レイクの最大の魅力は、初回借入時に無利息サービスがあるのですが、「5万円まで180日間無利息」または「借入れ額全額を30日間無利息」という2択から選べることです。借入れの仕方は人によって違うので、自分に合った無利息パターンを選べるのは画期的!しかも銀行カードローンで無利息期間があるのはレイクだけです!

コンビニなどに設置の提携ATMが手数料無料で利用できるのも魅力。1万円単位での利用が基本ですが、提携ATMによっては千円単位での利用が可能な機種もあるので、少額を借りたい人にはオススメと、ぜにぞうは思ってます。

実質年率

利用限度額

審査時間

即日借入

4.5%〜18.0%

1〜500万円

※1

可能(※2)

ネット申込の環境

申込年齢

返済方式

ネットのみで完結

20〜70歳

残高スライドリボルビング、元利定額リボルビング

※1申し込み完了画面に表示

※2平日14時までにお手続き完了で可能

 

新生銀行カードローン レイクの詳細情報はコチラです

レディースレイクの詳細情報はコチラです

その日のうちに借りられる?

レイクは申込みした当日中にキャッシングができる業者です。

 

ただ、即日の借入れを実現するには、「時間」が重要なキーになります。
平日14時を過ぎてしまうと、翌営業日扱いになってしまうので、その点に注意が必要です。

 

どういうことかと言うと、レイクに限らずキャッシング業者はみな同じなのですが、
キャッシングをするためのカードが発行されます。

 

でも、カードが到着するまでには数日かかるのが普通です。
当然、カードが到着するまで待っていては即日キャッシングはできません。

 

なので、どうするかというと、Web申込みをして審査が通ったら、
ネット上でレイクから借入れして、自分の口座に振り込んでもらうという方法をとります。

 

その関係で、金融機関の平日の営業時間内(15時)に、
「申込み→審査→契約→ネット借入れ」という一連の手続きを終わらせないと
当日の振込に間に合いません。

 

審査でOKが出ても、すぐ借入れはできません。
その後、契約手続きというものがあって、本人確認書類の画像をメールなどで提出し
レイク側で確認が完了してはじめて借入れができるようになります。

 

審査が終わると以下のような審査完了メールが来るので、
赤色枠のところから即日振込みのやり方を確認できます。

(画像が見づらくてスミマセン、、汗)

 

レイク審査完了メール

 

 

このような手続きをする関係上、確実にその日のうちに借入するためには、
平日14時までに、すべての手続を済ませることが必要です。

 

うまく行けば、平日12時ごろから申込みを始めても当日振込みに間に合う可能性はありますが、
途中で何が起こるかわかりません。

 

Web申込みは、24時間365日、8時10分〜21時50分(毎月第3日曜日は、8時10分〜19時)
の時間帯で審査を受けられるので、
理想は、午前中の早い時間帯、もしくは前日夜に申込みは済ませておいて、
審査結果を待つというスタイルがオススメです!

 

土日祝日でも自動契約機で即日借入れが可能!

レイク自動契約機

レイクは、無人の自動契約機をいたるところに設置しています。
かなりの台数があるので、見たことがある人も多いと思います。

 

即日キャッシングの方法として、全てネットで済ませる方法を上で説明しましたが、もうひとつがこのレイク自動契約機を使う方法です。

 

自動契約機では、カードもその場で発行されます。
申込みから力−ド発行まで約40分というスピードで、
発行されたカードを併設のレイクATMですぐ現金を借り入れすることができます。

 

これなら、金融機関の営業時間を気にする必要がないので、
15時に間に合わない場合や、特に土日祝日には希望をかなえてくれる頼もしい存在になります。

 

ただ、自動契約機は最も速い方法という点ではベストなのですが、若干、不安な点があります。
それは、必要書類が不足した時に、それまでの努力が水の泡になってしまうことです。

 

一度、自宅に戻って、また契約機に来るようなことになってしまったら、
「あーあ!最初からネットでやっておいた方が速かった!」という切なさしか残りません。

 

なので、自動機を使うのなら、申込みだけはネットで済ませておいて、
必要書類をしっかり確認してから、契約以降の手続きを自動契約機で行うというのが一番確実です。

 

審査が終わると以下のような審査完了メールが来るのですが、そこには必要書類が記載されています。
それを確認した上で、赤色枠のところから最寄りの自動契約機の場所を確認できます。

(まともや小さくてスミマセン、、大汗)

 

レイク審査完了メール

 

 

最初の申込みから全て自動契約機で手続きする時の、待ち時間の手持ちぶさたを考えると、
ネット申込みと契約機の合わせ技が、メチャクチャ賢い方法だと思います。

 

30日を超える無利息期間があるのはレイクだけ!

他社にないレイク独自の魅力が何かというと、無利息サービスです。

 

銀行カードローンで無利息期間があるのは、唯一レイクだけなんです!

 

しかも、消費者金融であれば、30日くらいの期間を無利息にしている業者は他にもありますが、
レイクの場合は、なんと180日間という驚異的な長さです。太っ腹!

 

レイクの無利息サービス

 

レイクの無利息サービスは、2つのパターンから自分に合った方を選べるのですが、
「借入れ5万円までを180日間無利息」にしてもらうか、
「借入金額無制限で30日間無利息」にしてもらうか、どちらかを選べます。

 

ちょっと、これだけでは分かりにくいかもしれないので補足すると、
「借入れ5万円までを180日間無利息」の方を選んだ場合で、
例えば、20万円を借り入れたとすると、5万円分は無利息で、
残りの15万円分が所定の利息がつくということです。

 

もし、1ヶ月に5万円も借りないような人で、
返済した分だけ追加で借りて、残高が5万円を超えないような使い方をすれば、
180日間ずっと無利息!なんてこともできてしまいます。

 

もう一方の「借入金額無制限で30日間無利息」の方ですが、
借入額が10万円であろうが、50万円であろうが、100万円であろうが、
借りた分だけ全額が30日間無利息になるということです。

 

じゃあ、どっちが有利なの?というと、ざっくりいうと、
20万円以上の借入れ予定がない場合は、「5万円まで180日無利息」の方がメリットがあります。

 

 無利息期間は契約翌日から減っていく!

注意点としては、審査が通って契約が完了すると、契約翌日から無利息期間がカウントされるということです。
「いつ使うかわからないけど、いざという時のためにカードだけ作っておく」といった場合は、
契約して1か月後に借入れしたのでは、その時点で30日無利息の期間が終わってしまっています。

 

都合にあわせて、毎月の返済日を指定可能!

口座振替、振込、インターネット返済など、返済メニューが複数あるのは
他社も同じですが、レイクには独自の魅力がいくつかあります。

 

まずは、返済日。だいたい返済日というのは、業者で決められているのがほとんどです。
でも、レイクの場合は、毎月1回「○○日」というように自分の都合のいい日に設定できます。

 

なので、普通なら業者の決めた返済日に自分をあわせるというところを、
給料日の2〜3日後とか、完全に自分のペースに持ち込めます。

 

それから、返済日が近くなったら、メールで知らせてくれる機能があるのですが、
それがあっても、うっかり返済を忘れてしまうことってあります。
(実は、ぜにぞうもカード会社社員なのに、何度か延滞した前科があります、、汗)

 

事前に遅れることが分かっている場合にも使えるのですが、
なんと、その月の返済日を遅らせたい場合、返済日の3日前から、
会員ページの「ご返済予定日の登録・確認」メニューで返済予定日を入力することで、
支払いを延期できるんです。

 

もちろん、遅延損害金は発生してしまうんですが、催促の電話や通知を送られることはありません。
自宅に電話や文書が来たら、正直ヤバイ!という人もいるので、
そのサービス目当てでレイクを利用している人もいるんじゃないかと、ぜにぞうは思ってます。

 

(とは言っても、返済日はちゃんと守って、信用残高を積み上げるようにしましょう!)

 

 

レイクの詳細情報はコチラです