りそな銀行カードローンの口コミ

りそな銀行カードローン

このページは2019年10月6日時点の情報です

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローン(正式名称:りそなプレミアムカードローン)は、限度額50万円であれば、年収や勤続年数を問わず申込できることが最大の魅力です。

りそな銀行の口座を持っていなくても申込みは可能(後日開設手続きあり)で、24時間年中無休でインターネット申込みできるので、忙しい人でも申し込む手間はあまり感じません。

50万円を超える限度額を希望する場合は、年収400万円以上というハードルがあるカードローンとなっています。

年利

利用限度額

審査時間

即日借入

総量規制

3.5%〜12.475%

50〜800万円

最短即日

困難

対象外

ネット申込の環境

申込年齢

返済方式

ネットのみで完結※

20歳〜59歳

毎月定額返済(残高スライド方式)

※口座開設のための書類返送が必要

 

他社にないりそな銀行カードローンの魅力は?

ぜにぞうがいちばん魅力的だと思う点は、

限度額50万円であれば、年収や勤続年数を問わず申込みできることです。

どちらも審査で気になる項目なので、それが不問というのはムチャクチャありがたいです。

 

さらに、限度額50万円型は12.475%という銀行ならではの低金利が適用されています。
小数点以下3位まで金利表示している例は、あまり目にしないので新鮮味がありますが(笑)、
それはさておき、消費者金融の標準金利18%と比較するとかなりおトク感があります。

 

さらに、限度300万円までなら収入証明書の提出も免除されます。

手続きも楽チンだということが言えて、
消費者金融と比べると、ずいぶん有利な点があるので、そのへんは魅力的です。

 

ちょっと残念と感じる点

りそな銀行カードローンのスペックは、他の銀行カードローンと比較しても見劣りはしませんが、
ぜにぞうが、ちょっとハードルが高いな!と感じたところがあります(以下)。

  1. 年収400万円以上ないと限度50万円を超えて借りられない

    (年収400万円未満は限度50万円がMAX)

  2. りそな銀行の営業エリアに居住または勤務先がある人に限定
  3. りそな銀行の口座開設が必要
  4. ネット申込みができても審査完了後に郵便物のやりとりがある(返送が必要)
  5. 審査結果連絡時間帯が他社と比べて短かめ(平日10:00〜17:00)
  6. 収入証明書としてポピュラーな源泉徴収票を使えるのは公務員・上場会社の社員のみ
  7. 申込可能年齢の上限が満60歳未満と低め

 

以上の内容が、WEBページをくまなく確認して、「うーん、ちょっとハードル高いなあ〜!」
と感じた点です。人によっては申込みのネックになるかもしれません。

 

ただ、りそな銀行を家計口座にしている人は、取引を集約するメリットがあるし、
もし、りそなで住宅ローンを組んでいれば、カードローンの優遇金利プランもあるので、
申込むメリットはあると思います。

 

今日中に借りたい、即日借入れは可能?

ムチャクチャ借入れを急いでいる事情がある人にとっては、即日借入れができるかどうか、
が大きなポイントになってきます。
ただ、残念ながら当日中のキャッシングはちょっとムリな状況です。

 

というのも、カードローン審査に通った後に、口座開設の手続きを避けて通れないからです。

りそな銀行カードローンは、キャッシュカードにローン機能をつけるタイプなので、
口座を作らない限り借り入れできません。

 

カードローン審査はネットで完結しても、口座開設手続きがどうしても郵送になるので、
物理的に当日中の借り入れは不可能です。

 

 




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
クレディッター(クレジット審査業務能力検定1級)
クレジット債権管理士
個人情報取扱主任者
ファイナンシャル・プランニング技能士(2級)
貸金業務取扱主任者資格試験 合格証明書
クレジット審査業務能力検定合格証

クレジット債権管理士資格認定証
個人情報取扱主任者 認定証

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書
経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー
このページの先頭へ戻る