闇金なら誰でも借りられると思うのは拙速

借金返済が立ち行かなくなって、これ以上、消費者金融で追加借入れもできない状況に追い込まれると、闇金で借りて窮地をしのごうと考える人も少なからずいます。

 

おそらく「闇金なら誰でも借りられる」と思ってのことでしょうが、返済できる見込みのない人には融資はしませんし、そもそも闇金に手をつけたら人生が終わります。

 

闇金は本当にあるの?」のページでもお伝えしているように、自分自身の身を滅ぼすことはもちろんのこと、家族や友人にも影響が及び関わる人を不幸にします。

 

闇金からお金を借りることはやめてください、絶対に。本当に闇金にお金を借りなければ、返済苦から逃れられないのなら、法的に借金を整理して重い荷物を下ろすことを真剣に考えるようにしてください。

 

闇金なら必ずお金貸してくれるわけじゃない

闇金なら絶対にお金貸してくれるわけじゃない
闇金のメリットはただ1つだけ、それはいわゆるブラックであってもすぐにお金を借りられることです。ただ、だからといって100%確実に融資を受けられるわけではありません。

 

闇金業者は想像を絶する高金利をとる代わりに、リスクをとって貸し付けを行う商売です。高金利であることを分かっていて申し込んでくる事情持ちのお客がターゲットとはいえ、負けるいくさは絶対にしないので、絶対に借りられるとは限りません。

 

一滴の水も出ないボロぞうきんには貸さない消費者金融と同じように、闇金であっても回収できる見込みのない人に冒険して融資することはありません。

 

無収入だと逆立ちしても借りられない

おいしい商売をしているとはいえ、闇金業者もバカではないので、回収見込みのない人には貸し付けをおこないません。その一つが収入がない場合です。

 

収入がなければ、基本的に返済することができないことは誰が考えてもわかることなので、闇金業者もそういう危ない橋は渡りません。

 

総量規制は関係ない

年収の3分の1を超える融資を禁止する総量規制は、闇金には適用されません。そもそも総量規制は、消費者を保護するために作られたもので、貸金登録業者がそのしばりを受けます。

 

闇金は鼻っから法を無視している業者なので、総量規制を守る必要はないしそもそも頭にさえありません。いくらまでだったら回収見込みがあるかという目線で審査をします。

 

そういう意味では、借金で首が回らなくなった人に融資はしませんし、仮にしたとしても、他社の返済をカバーできる金額を期待することはできません。わずかな金額を手にして、その何倍、何十倍もの利息をとられるのがオチです。

 

1万円みたいな少額を融資するのが闇金の手口

返済しやすい少額を貸し付けて、確実に回収しそれを繰り返すのが闇金のビジネスモデルです。むしろ、高額融資は闇金側としては避けたい事情があります。

 

高金利を取れるのなら高額な融資をした方が闇金側にとっては都合がいいように感じます。

 

しかし、高金利であるがゆえに借入額が大きければ大きいほど返済負担が増します。高額融資をしたら、返済できないレベルの金額に化けてしまって回収できなくなることがわかっているので、闇金は一度に高額な融資はしません。

 

借金返済が立ち行かなくなった人が、満足する金額を手にすることはできません。

 

事故歴がある人こそが闇金のターゲット

事故歴がある人こそが闇金の優良顧客リストです。延滞や債務整理などの事故歴があると銀行カードローンや消費者金融ぼ審査は絶対に通りません。正規の貸金業者から借りられない人たちに狙いを定めるのが闇金です。

 

ただ、何度も言うように、事故歴があって弱みを持っている人に無条件で融資することはありません。闇金以外で借りることができない人で、返済余力があることが前提です。

 

5千円であれ1万円であれ、返済余力がある人に対して、少額を融資するのが闇金の手口なのです。消費者金融の借金返済ができず、もうこれ以上返済する余地のない人は闇金も排除します。

 



ブログランキングに参加しています
応援のタップ頂けたらうれしいです(^^)
→人気ブログランキングへ




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
2級FP技能士
クレジット債権管理士
クレジット審査業務能力検定(クレディッター)
個人情報取扱主任者
貸金業務取扱主任者 登録完了通知
ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書

経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー

ページの先頭へ戻る