闇金があの手この手で行う貸し付けの手口

闇金の貸し付けの手口

 

このサイトで何度もいうように、闇金は貸金業登録を行わずに違法に高い金利をとり、ひれつな手口で金銭の回収を行う業者。この一言につきますが、貸し付けの種類・手口は多種多様です。

 

そこでこのページでは、その代表的な手口を紹介します。お金に困っている時の弱みに付け込まれないように、典型的な手口を覚えておきましょう。

 

押し貸し

知らないうちに勝手に僕らの銀行口座にお金を振り込み、後から元金と利息分の返済を要求してくる手口です。

 

お金を借りた覚えがなくても、脅迫まがいの取り立てをしてくるので、闇金が言うとおりに支払って早く解決させようとしてしまうのが多くのケースです。

 

ひと昔前には、オークションサイトで落札したときに入手できる出品者の個人情報(氏名・住所・銀行口座)を使われる事例もありました。

 

またすでに取引のあるお客に「お客さんは信用があるから」といって、頼んでもいないのに振込んできて、融資の申込みがあったことにされてしまうケースもあります。

カラ貸し

「空(カラ)」の貸し付けのことで、押し貸しのような振込みもなければ貸し借りの事実もないのに、単に支払いだけを要求してくる手口です。

 

携帯電話などに金銭の支払いを要求してくるメールを受信したことはないでしょうか?あれと同じで、突然メールや電話・郵便物などで「債権回収を委託された◯◯です。

 

支払いしない場合は法的な手段で請求を行います」などと通知して、反応する人を待ち伏せています。手当たり次第にアプローチしているだけなので無視しておけばOKです。

 

クレジットカード現金化(買取屋)

お客のクレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入させた後、その購入代金より低い金額で闇金が買い取ることによって現金を得られる仕組みです。購入代金と買い取り金額の差額が業者側の利益です。

 

クレジットカード現金化が必ずしも闇金というわけではないのですが、現金を渡さなかったり法外な手数料をとる闇金もまぎれています。

 

自動車金融

自動車を担保にして融資を行う仕組みです。それだけ聞くと普通のことですし、実際にまっとうな業者もいますが、そのほとんどは闇金です。

 

車の査定を相場の半額以下に見積り、違法な利息や事務手数料などさまざまな名目でお金を請求して返済できない状況へ追い込み、車を没収、転売することをはじめから狙った闇金の手口です。

 

消費者金融にお金を借りられない人が簡単にお金を手に入れることができ、「仮に返済できなくても車を取られるだけで、あとは損しないから」と気軽に自動車金融に手を出しやすい方法なので、被害にあうケースが多いです。

 

キャンセル料金融

相手を闇金と知らずに問い合わせや申込みをしてしまい、途中で不安に感じて融資を断ると、「すでにに手続きが済んでいるから、キャンセル料を払え!」などと言ってキャンセル料を請求してくる手口です。金融というよりは詐欺行為です。

 

まだ借りていないわけなので無視すればよいように思いますが、個人情報を伝えてしまっている場合が多いので、嫌がらせを考えると無視できない状態になってしまいます。

 

信用屋

自分の信用状況がよくない人の弱みにつけこんで、「今の状態では融資は難しいが、信用を作るために5万円振り込んでもらえれば30万円の融資が可能です」などと持ち掛けます。

 

ただ、融資などは一切しないで振り込まれたお金を奪って逃げてしまう手口です。

 

整理屋

返済に困っている人を狙って、借金の悩みを解決しますとか、借金の整理をしますなどと甘い言葉で勧誘し、着手金やさまざまな名目でお金をかすめとる手口です。

 

紹介屋

借入れの相談に来たお客に対し「うちでは無理だけど、特別に貸すと言っている業者がいるので紹介します」と誘って、メチャクチャ高額な紹介手数料をとる手口です。

 

あくまでも紹介料をかすめ取ることが目的で、紹介する貸金業者と紹介屋が何の接点もない場合もあれば、グルになっている場合もあります。



ブログランキングに参加しています
応援のタップ頂けたらうれしいです(^^)
→人気ブログランキングへ




この記事の執筆者
ぜにぞう
資格 貸金業務取扱主任者
2級FP技能士
クレジット債権管理士
クレジット審査業務能力検定(クレディッター)
個人情報取扱主任者
貸金業務取扱主任者 登録完了通知
ファイナンシャル・プランニング技能検定2級合格証書

経歴 大学卒業後、銀行系クレジットカード会社に入社。債権回収・督促業務、営業、企画等の部署に従事し、審査システム、ローン開発なども広く経験。25年間勤務したのち47歳のときに早期退職。
退職後はフリーランスとして活動。インターネット上での情報発信、マーケティング、WEB集客に強み。退職後、50代でファイナンシャル・プランニング技能士(2級)を取得。
特定商取引法に基づく表記
プライバシーポリシー

ページの先頭へ戻る