キャッシングについてわかりやすく解説

キャッシングとは

 

更新日:2020年3月23日

一昔前にサラ金地獄などと呼ばれ、キャッシングを重ねることで返済が困難になり、自己破産する人が多く出た時代がありました。厳しい取り立てなども社会問題になりましたね。

 

そんな歴史があるので、キャッシングすることはいけないこと、恥ずかしいこと、というネガティブなイメージがついているのではないでしょうか。

 

しかし、現在は過去の経験を踏まえて法律が整備され、利用者にやさしく、融資する側に厳しい体制になっています。消費者側が一方的に不利益をこうむることはありませんし、テレビCMなどの効果で以前のような悪いイメージがありません。

 

ただ、逆に利用しやすい環境であるがゆえに、安易な考えで気軽に利用してしまうと、借金で首が回らなくなるケースがあることも事実です。

 

そこで、このページではキャッシングの基礎知識をわかりやすく解説します。リスクを過剰に気にして利用をためらっている人は、安心して賢く使いこなすための正しい知識を習得しましょう。

 

 

キャッシングとは個人向けの少額融資のこと

キャッシングを短い言葉で表すとすれば、「個人向けの少額の融資」のことを指します。

 

キャッシングという言葉は、現金という意味を持つ英語の「cash(+ing)」が語源で、お金を融通してもらうこと、つまりお金を借りることを指すもので、銀行や消費者金融会社からATM等を通じてお金を借りるサービスの総称です。

 

クレジットカードに付帯しているキャッシングサービスのことを単に「キャッシング」と呼ぶこともあります。ただここでは、カードローンやクレジットカードのキャッシング機能などをひとくくりにした「個人向け少額融資」という大きな概念で説明します。(キャッシングサービスについては「キャッシングとカードローンの違い」のページで詳しく解説しています)

 

キャッシングの最大の特長が、基本的に無担保・保証人なしで契約でき、利用限度額の範囲内で繰り返し、使いみち自由にお金を借りられること。申し込みから融資までの時間も、自動車ローンや住宅ローンのような目的型のローンに比べて圧倒的に早いことです。

 

ただ、利用するためのハードルが低い分、借入金利は高めに設定されているので、コストや返済負担にも気を配って計画的に利用することが大事になります。

 

決められた限度額の範囲内で何度でも借りられ、使い道が原則自由

個人として借りるわけなので、借りることのできる限度額は、企業が融資をうける時のような数百万円とか数千万円といった高額なものではなく、数万円から数十万円といった少額なものが中心です。

 

数百万円の利用限度額がつくこともありますが、当然のことながら審査ハードルが高くなるので、年収と信用力が高くないと希望しても承認されません。また、年収の3分の1までしか借りられない総量規制というルールもあります。

 

ただ、一旦利用限度額が決まると、その範囲内で繰り返し何度でも借入れできる点が便利。通常のローンが借入れする度に審査が必要になるのと大きな違いです。

 

また、自動車ローンや教育ローンなどの目的型の商品と違って、お金の使い道に制約がありません。事業資金には使えませんがそれ以外であれば原則自由に使える点も特徴です。

 

基本的に無担保・保証人なしで借りられる

キャッシング契約を交わす際は、「無担保・保証人なし」が基本になっています。

 

つまり、返済できなくなった時を想定した担保をあらかじめ差し出す必要もなければ、身内などを保証人に立てる必要もないということ。担保や保証人を用意できる人が少ないのが実態ですので、無担保・保証人なしはもはや当たり前になっています。

 

銀行カードローンを契約する際には保証会社がつきますが、銀行側にその仕組みが出来上がっています。借りる側としては金利の中に保証料が含まれているだけで、何か特別な対応は不要です。

 

ただ、無担保・保証人なしという性質なので、信用で成り立っているサービスとも言えます。貸す側である銀行や消費者金融会社はリスクがあるので、当然、貸し出す相手を見て、「この人だったら貸してもいい」という判断の元でお金を貸すということになります。

 

その時、基準にしているのが「個人としての信用力」。その信用力が審査で値踏みされます。

 

融資までのスピードが速い

申し込み後、実際にキャッシングできるまでの期間は、目的型ローンよりも短いです。

 

住宅ローンなどの目的ローンは、数週間から1カ月くらい審査期間がかかるのが普通。急に思いついて借りるものではない目的ローンでは、その期間でもあまり問題になりません。

 

その一方で、急な出費を補てんする目的で使われることが多いキャッシングは、審査期間が長かったりすると使い勝手が悪いので、顧客ニーズに合わせて短期間で借りられるようになっています。

 

融資会社の業態によって差がありますが、消費者金融会社では早くて即日、遅くも1週間以内には借りることができます。銀行カードローンは仕組み上、即日借入れは無理ですが、おおむね2~4営業日で借入れが可能。

 

このようにキャッシングは、他のローンと比べ、手続きが簡単で早くお金を借りられる商品といえます。

 

金利が高めになっている

キャッシングの金利は、他のローン商品よりも高い傾向があります。

 

なぜなら、キャッシングが無担保・保証人なしでお金を貸し借りする取引であり、しかも原則として資金の使いみちを問わないという融資会社にとってリスクがある商品だからです。

 

リスクに応じて金利が決められるのが常なので、例えば、住宅ローンは年1%前後、教育資金や車の購入等のための目的型ローンは年5%前後といった水準に対し、キャッシングは年10%を超えるのが普通です。

 

銀行カードローンであれば、年14%~15%、消費者金融の場合であれば、年18%がそれぞれ標準的な上限金利の相場です。

 

かなり高めの金利になっていますので、利息をおさえて借りたい人には向かない商品です。急場をしのぐための一時的な借金という使い方に適している商品で、長期にわたって借りるのは利息負担が重くなるので適していません。

 

キャッシングが安心して利用できる商品である理由

キャッシングはとても危険なものといったイメージを持っている人もいますが、サラ金地獄と言われた時代とは違い、現在は法律の改正によって安心して利用できる商品です。

 

その理由は主に次の3つです。

  • 借入れできる金額が年収に見合った金額で制限されているから
  • 金利の上限が法律によって制限されているから
  • 融資会社の取立て行為が厳しく制限されているから

 

上記の制限は、融資会社が自主的にやっていることではなく、法律で決められていること。キャッシング利用者が不利益を受けたり、多重債務を負わないような仕組みがありますので、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

融資が年収に見合った金額で制限されている

クレジットカード会社や消費者金融会社などの貸金業者は、貸金業法という法律によって利用者の年収の3分の1を超える融資を禁止されています。(この制限を総量規制と呼んでいます)

 

この融資できる上限額は、融資会社ごとではなくすべての貸金業者の借入残高を合算した金額です。ですから、1社から借りても複数の会社から借りても、一人あたりの借りられる金額の上限は変わりません。

 

このルールを破った貸金業者は、最悪なケースになると登録を抹消されて商売ができなくなりますので、厳密に運用されています。

 

なお、銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法という法律にしばられるため、総量規制の適用対象ではありません。ただ、銀行業界をあげて貸金業者と足並みをそろえるように、融資額の上限を年収の3分の1に制限する自主規制を行っています。

 

年収の3分の1という借入上限が妥当な金額かどうかの議論はありますが、少なくとも青天井で融資を受けられるような無謀な取引ができないように配慮されています。

 

金利の上限が法律によって制限されている

キャッシングするときの適用金利は、利息制限法と出資法という2つの法律でその上限が決められています。

法律 金利の上限
利息制限法 10万円未満:年20.0%
10万円以上~100万円未満:年18.0%
100万円以上:年15.0%
出資法 年20.0%

 

利息制限法の方は、借入残高に応じて上限金利が三段階になっていますが、上限金利である年20.0%は2つの法律で共通です。

 

利息制限法では年20.0%を超える部分の利息は無効とされるだけですが、出資法では上限金利を超えた金利で融資を行うと、融資会社に対し懲役や罰金といった罰則があります。ですので、年20.0%を超える金利での融資は絶対にありません。

 

あるとしたら違法営業する闇金融のみです。闇金については別のページで詳しく解説しますが、まっとうな会社であれば、必ずこの上限金利を守るので法外な利息を取られるという心配はいりません。

 

融資会社の取立て行為が厳しく制限されている

融資会社による借入金の取り立て行為が厳しく制限されていることも、キャッシングを安心して利用できる理由です。

 

▼法律で定める取り立ての禁止行為(主なもの)

  • 正当な理由なく21時~8時の間に取り立てること
  • 大人数で押しかけること
  • 自宅以外(勤務先など)へ訪問すること
  • 張り紙などで本人以外に借金を知らせる行為
  • 暴力的な態度、罵声や暴言
  • 家族や第三者への取り立て
  • 「他の業者から借りて返せ」と要求すること

※詳しくは「電子政府の総合窓口(e-Gov)/「貸金業法 第21条(取立て行為の規制)」を参照してください

 

映画やテレビドラマで見るような悪質な取り立ては過去のもので、現在は法律で利用者保護が徹底されています。場所と時間を問わず四六時中、取り立てに追いかけられることはありません。

 

キャッシングを安心して利用するための注意点

ここまで説明してきたように、キャッシングに関しては法律が整備され、利用者保護のルールが出来上がっています。とはいえ、安心して賢く利用するために欠かせないのは、言うまでもなく利用者本人の自覚と自己管理です。

 

あまりに多額の借金を抱えたままだと、将来どうしてもお金が必要になったときに、総量規制によって必要な資金を手にできないことにもなりかねません。

 

また、今の収入が先々も安定して続く保証がない中で、無計画に借りてしまうと返済が苦しくなることも考えられます。最終的には自己管理が大切になってきます。

 

さらに言えば、無登録で違法な営業を行っている闇金融にも注意が必要です。法外な金利や悪質な取り立てに巻き込まれるのは必至。金銭的に追い込まれると、正常な判断ができずに苦し紛れに闇金に手を出してしまうのが人の弱さです。

 

そういう場合は、公的な融資制度の利用を考えるなど、冷静な行動が大事です。

 

キャッシング基礎知識 記事一覧

カードローンの種類は大きく3つ!特長をわかりやすく比較

更新日:2020年4月26日カードローンって、いろんな種類があってよくわからないですよね。テレビCMで見かけるカードローンはほんのごく一部でたくさんありますから。ただ、実はカードローンの商品性自体はどれも大差がありません。カードローンの種類を理解するには、どういった会社が取り扱っているのか?その融資会社の業態で区別して考えるとわかりやすいです。ということで、このページでは、カードローンの種類につい...

Read More
キャッシングとカードローンの違いは?おトクに借りたい人必読!

更新日:2020年4月26日キャッシングとカードローンは、お金を借りられるサービスということでは同じなのに、場面場面で異なる呼び名なので何がどう違うのかわかりにくいですよね。特にカードローンという名称で広告がかなり目につくようになり、あたかもカードローンがキャッシングとは別の商品であるような印象すらあります。ですが、表面上は似ているものの実は大きな違いがあって、その違いを知らないで使い始めると自分...

Read More
銀行カードローンと消費者金融の7つの違いを解説

更新日:2020年4月26日カードローンを申し込みたいけど、そもそも銀行と消費者金融の違いがさっぱりわからない、という人もいると思います。銀行と消費者金融のカードローンは、表面的には同じに見えても、しばられる法律が違うことで異なることが多いです。その違いを分かっていないと、不利益になったり、無駄足になったりすることがあります。そこでこのページでは、記事を最後まで読んだとき、銀行カードローンと消費者...

Read More
カードローンとフリーローンの違いを貸金業のプロがわかりやすく解説

更新日:2020年5月3日銀行などからお金を借りようとしているしている人の中には、カードローンとフリーローンの違いがよくわからない、という人がいると思います。どちらも無担保、使途自由なのに同じ限度額で金利が違ったりするので、どっちが良いのか分からないのも当然ですよね。確かに表面的には似ていますが、まったく別物で、間違って申し込むと審査に通らなかったり、使い物にならない目にあったりします。そこで、ま...

Read More
消費者金融とクレジットカード、どっちのキャッシングが得?

更新日:2020年4月26日このページでは、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのと、消費者金融から借りるのではどちらが得なのかについて解説しています。単純に考えると、クレジットカードを持っていてキャッシング枠がまだ利用できるのなら、わざわざ消費者金融に申込むまでもないことですが、そこにはいくつか注意点があります。このページでは、銀行系クレジットカードを前提にして、消費者金融とクレジットカー...

Read More
銀行カードローンのメリット・デメリットを解説

最終更新日:2020年4月20日個人向けの借り入れと言えば、消費者金融が長い間、幅をきかせていましたが、最近は銀行がカードローンを積極的に推進しています。今までは、銀行と聞くだけで、敷居が高いとか、手続きが大変というイメージがありましたが、いまや銀行カードローンは身近な存在になっています。そこでこのページでは、銀行カードローンのメリット、デメリットを消費者金融と対比してわかりやすく解説します。消費...

Read More
総量規制、これを知らないとケガをする!

更新日:2020年5月3日キャッシングを利用する時に知っておくべき基礎知識は、いくつかありますが、その中でも一番重要なのが総量規制でしょう。お金が必要になった時に、総量規制を知らなかったばっかりに、借入ができなかったり、不利な契約をして損をしてしまう、、なんていうこともありえます。総量規制を知らずにキャッシングの申込みをするのは、竹ヤリで近代戦争に参戦するようなもので、かなり無謀な行為です。少し難...

Read More
貸金業法とは?資格保有者のぜにぞうがわかりやすく解説

更新日:2020年4月20日キャッシングなどお金を借りる時のルールを定めた法律に「貸金業法」があります。こむずかしい法律の内容を覚える必要は、もちろん全くありませんが、お金を借りる際に必ずついてまわる言葉なので、概要はぼんやりでいいので知っておいた方が良いです。特に、平成22年(2010年)6月に改正貸金業法といって、大きな改正(完全施行)が行われたのですが、この時のルール変更は、私たち消費者にと...

Read More
貸金業者とは?わかりやすく解説|全国の貸金業者一覧も掲載

更新日:2020年4月20日個人や事業者にお金を貸す業者は世の中にたくさんありますよね。銀行や信用金庫、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社、はたまたリース会社などさまざまな業態の会社が金銭の貸付けを行っています。そんな中で貸金業者と聞くと消費者金融をイメージする人が多いですが、もっと広い範囲の業態が該当します。実は貸金業者に該当するかどうかで、実際にお金を借りる際の条件や手続きに違いがある...

Read More
貸金業登録番号とは?検索方法についても紹介

更新日:2020年4月23日消費者金融などの貸金業者からお金を借りる際には、法的に商売を認められた正規業者を利用すべきことは言うまでもありません。認可された貸金業者かどうかを見分ける方法のひとつが貸金号登録番号。ただ、一般の人にはなじみがなく分かりにくいことですよね。そこでこのページでは、貸金業登録番号とはどんなものなのか、またその番号の検索方法についてわかりやすく解説します。貸金業登録番号とは貸...

Read More
貸金業法の再改正案の概要

更新日:2014年7月1日このページでは、2014年6月28日に明らかになった、消費者金融など貸金業者の規制緩和に向けた貸金業法の再改正案の概要について解説しています。まだ情報が少なく今の時点では”解説”とまでは行きませんので、取り急ぎ概要を確認しておきたいと思います。(自民党「財務金融部会・小口金融市場に関する小委員会」の検討内容のポイントの整理)どういった内容なのか?2010年6月に完全施行さ...

Read More
借入れの目的が住宅ローン返済だという人のリスク

更新日:2020年5月3日こういったサイトを運営していると、いろんな情報に触れる機会があるのですが、ちょっと衝撃的なデータを見つけました。貸金業者から借入れする目的は、趣味や娯楽費用という場合が多いのですが、その影で住宅ローンや自動車ローンの返済のために借りるというケースがかなり高い割合であるんです。ぜにぞうも同じ経験をしていたので偉そうに言えませんが、老婆心から言わせてもらえば、どこかで負のスパ...

Read More
消費者金融がヤクザを使うというのはウソの理由

更新日:2020年5月3日消費者金融(いわゆるサラ金)に対する世間の見方や認識には、明らかに誤解といえるものがあります。その一つが「消費者金融のバックにはヤクザがいる」というような見方ですが、このページでは、そんなイメージのある業界の真実の姿を紹介してみたいと思います。 耳寄り情報!ヤクザとは無縁どころか、最高峰のステイタスなのに、僕らにとって願ったりかなったりと言える、審査上の特殊事情をもつ、見...

Read More
ドコモのDCMXキャッシングリボよりアコムが断然おトクな理由

更新日:2020年5月9日このページでは、ドコモのDCMXキャッシングリボより消費者金融のアコムの方が断然おトクな理由について解説しています。NTTドコモのケータイユーザーの中には、ドコモDCMXというクレジットカードを保有している人も多いと思います。ドコモDCMXにキャッシングリボを付けられるので、わざわざ消費者金融のキャッシングに申込むまでもないのですが、実は、消費者金融のアコムの方がメチャク...

Read More
お金の相談窓口|誰に頼ればいいか一覧で紹介

更新日:2020年5月3日お金に関してはさまざまな不安やトラブルがつきものです。でも、いざそんなときになると誰に相談したらよいかわからないものです。相談先がわからないのでズルズルと時間ばかりが経過して、解決の機会を逃してしまいます。そこでこのページでは、お金のことで相談したいときの窓口を集めました。生活を再建したい、債務整理を考えたい、貸金業者とのトラブル、ヤミ金融の被害など、お金のことで困ったと...

Read More
財務局・都道府県の貸金業者に関する問合せ先一覧

更新日:2020年5月3日このページでは、財務局または都道府県に貸金業者に関する問い合わせをする場合の窓口(担当部、電話番号)をまとめています。財務局や都道府県に最新情報を確認したい場合に参考にしてください。財務局の貸金業者に関する問い合わせ先財務局担当部署電話番号北海道財務局金融監督第3課011-709-2311(代)東北財務局金融監督第3課022-263-1111(代)関東財務局金融監督第5課...

Read More
ページの先頭へ戻る