ライフティ 自営業

ライフティ自営業(個人事業主)の融資審査はぶっちゃけ通りやすい?

MENU

ライフティ 自営業(個人事業主)の審査は通りやすい?

このページの最終更新日は2015年7月2日です

 

このページでは、中堅消費者金融ライフティの自営業(個人事業主)に対する審査基準について解説しています。

 

元貸金業者マンぜにぞうの視点で、業界内部の事情も書いているので参考にしてください。


ライフティの詳細情報はコチラです

自営業者を見る業者の目は厳しい

本題に入る前に、そもそも自営業者(個人事業主)って、
業者側から審査上どんな目で見られているのかについて、
少しだけ触れてみたいと思います。

 

ちょっとショックを受けるかもしれませんが、
率直に言って、自営業者は会社員よりも厳しい目で見られています。

 

「えー、ウッソー!自営業者って会社員以上に稼いでる人多いでしょ?」
と思うかもしれません。

 

確かに、自営業者の中にはたった一人で億単位の年収の人もいます。
でも、自営業って浮き沈みが激しい職業です。
今1億円稼いでも次の年には、全く稼げないかもしれません。

 

融資する側からすると、「いつでも、どんな時でも返済をきちんとしてくれる」
ことが最も重要なので、「今」ではなくてずっと先まで安定した収入が見込めるか、
という目線で見る関係上、どうしても自営業者は不利になるというのが実態です。

 

ともあれ、それはどの業者でも同じことが言えるので、
ライフティの自営業に対する審査基準は別の視点で判断します。

 

一般的な会社員に対するライフティの審査基準が他社と比較してどうなのか?
が分かれば、自営業者の審査難易度も他の業者比どうなのかが分かります。

 

実は、その点については、元貸金業者マンのぜにぞうの経験から
ハッキリ言えることがあるので、その点を次で説明したいと思います。
次がこのページの肝です!

 

ライフティは今、審査基準がゆるい時期にある!

今、ライフティはもっとも審査に通りやすいフォローの風が吹いている時期だと
ぜにぞうは分析しています。

 

なぜ、そんなことが言えるのかというと、
ライフティは本格的にキャッシング事業に参入したばかりのルーキーだからです。

 

じゃあ、ルーキーだとなぜ審査が通りやすいかというと、
貸金業者が薄利多売的な商売だということが背景にあります。

 

業者側の収入の源は、融資することで顧客から得られる利息だけです。
一人から得られる利息収入は、年間でもせいぜい数万円なので、
何人、何十人という社員を雇用しようとしたら、相当のお客を集めないといけません。

 

つまり、貸金業のルーキーがまずしなければならないのは、とにもかくにも、
安定的に商売を続けるために必要な固定客を確保することで、
しかも、スピードも求められます。

 

ぜにぞうは経験的に分かっていますが、業者が新規顧客を積極的に獲得する時は、
審査スタンスが変わるのが常で、俗にいう審査が”ゆるく”なります。

 

審査ハードルを下げて、より多くの顧客を獲得するという戦法にでるのが常套手段です。

※もっと詳しくは、こちらのページで深堀りして説明しています。

 

大手に負けない信用度の高さもライフティの強み

自営業をしていると、取引先の素性や信用度というものに敏感になると思います。

 

ライフティからの借り入れは事業性のものではないとは言っても、
商売柄、「ライフティって本当にちゃんとした業者だろうか?」
という点は気になるかもしれません。

 

でも、この点についても自信を持って大丈夫だと断言できます。

というのも、ライフティの親会社は東証一部上場の大企業です。

 

その子会社ということだけでも信頼性が高い業者だと言えますが、
さらに、ライフティは連結子会社というポジションなので、
収益、損失、風評すべてが親会社に直結します。

 

日本を代表する大企業が社会的信用を損なうような商売を
子会社にさせることは絶対ないわけで、これがライフティの信用度の裏付けです。

 

ライフティには、貸金業界の大手をしのぐ社会的信用度の高さがあると、
ぜにそうは思っています。

※もっと詳しくは、こちらのページで説明しています。

 

 

ライフティ

以上が自営業(個人事業主)に対するライフティの審査態勢として、ぜにぞうが分析している内容です。

 

口コミが広がって営業努力をしなくてもお客が集まるようになると、審査基準を元へ戻す時期が必ずくるので、ライフティに申し込むなら早い方がよい、というのがぜにぞうの考えです。

 

 

ライフティの詳細情報はコチラです

 

 

他の業者をチェックしたい場合は、
中堅・中小業者も含めた個人事業主向け業者ランキングのページを参照してください。

 

 

 

こちらの記事も読むと、ライフティの魅力がさらに深まります。