ノーローンの1週間無利息キャッシング

ノーローンの1週間無利息キャッシングが素敵すぎる件

MENU

ノーローンの1週間無利息キャッシングが素敵すぎる件

このページの最終更新日は2015年2月13日です

 

このページでは、プロミスやアコム、アイフルなどの大手消費者金融の影に隠れていながら、1週間無利息キャッシングという他の業者がマネできない魅力で評判のノーローンを紹介したいと思います。

 

無利息キャッシングを提供している業者は他にもありますが、ぜにぞうに言わせるとノーローンは、バナナのたたき売りにも似た大盤振る舞いの無利息サービスだと思ってます。

 

このページでは、その魅力をガッツリ紹介したいと思います!


1週間無利息キャッシングの全容をまずは確認

ちょっとはじめに、1週間無利息キャッシングのポイントを確認しておきましょう。

  1. 借入日の翌日から7日間は無利息(借入額の上限はない)
  2. 利息は利用した8日目から超過日数分のみ
  3. 完済日の翌月以降の借入も1週間無利息が適用(以降この繰り返し)

 

ノーローンの1週間無利息キャッシング

具体例をあげると、、
例えば、給料日まであと1週間。だけどチョットふところがピンチ!という時に5万円借りた場合、7日後の給料日までに返せば無利息ということです。
しかも、完済日の翌月以降の借入も1週間無利息が適用になります。

 

1週間だけ借入れしたいという世間のニーズってあるの?

ぜにぞう個人としては、ホント情けない話ですが、
あと2〜3日生きていくための銭がない(汗)なんてことがたまにあるので、
1週間無利息というサービスには魅力を感じるのですが、世間一般的にはどうなのか?

 

下の図を見てください。

 

貸金業協会アンケート調査
*出典:貸金業協会「資金需要者及び貸金業者向けアンケート調査結果報告」

 

 

これは貸金業協会によるアンケート調査のデータなのですが、
借入れ希望者が貸金業者をどういう存在として見ているかというと、
52.6%の人が、「小額・短期の資金が必要な場合、なくてはならない存在」
だと回答しています。

 

「小額・短期」という部分が、もしかしたら1週間無利息キャッシングと相性がいいかも、
という仮説が立ちますね。

 

じゃあ、そう答えた人たちが実際に利用する際の金額がどうなっているかというと、
下の表を見てください。

 

貸金業協会アンケート調査
*出典:貸金業協会「資金需要者及び貸金業者向けアンケート調査結果報告」

 

 

「10 万円以内」が 29.2%と最も高く、キャッシングで十分カバーできる金額です。
で、借入期間はどうかというと「1 週間以内」が3.5%となっています。

 

「な〜んだ、たったの3.5%しかいないんじゃん?」と思う人もいるかもしれませんが、
ぜにぞう的には3.5%もいるんだ!という印象ですね。
100人いれば3〜4人は、1週間無利息キャッシングにバッチリはまるわけですよ!
ノーローンの人気のヒミツはその辺にあるのかもしれません。

 

1週間分の利息って?1円をバカにする人は損をする

具体的に1週間分の利息ってどのくらいになるのかを見てみたいと思います。

 

借入れ利率は、一般的な年利18.0%だとすると、
10万円を借りた場合の7日間の利息は345円です。
(¥100,000×18.0%×7日÷365日=345円)

 

借入金額が30万円だったら7日間の利息は1035円、
もし50万円借りるのだったら、7日間の利息は1726円ということになります。

 

この金額を魅力に感じるかどうかはその人の価値観によりますが、
これが毎月あったらどうでしょうか?

 

完済した翌月の借入も1週間無利息が適用されるので、
理論上は年12回利用できるということになります。
つまり、最大で年84日は無利息でキャッシングできると言うことになります。
これは、金利を23%引きで借り入れできることに相当します。(84日÷365日)

 

もちろん、毎月、7日間だけ借りてすぐ返済するような、いかにもセコい使い方は
現実にはないかもしれませんが、それに近いケースはないとは言い切れません。

 

10万円の場合で言えば、得する金額は年間でMAX4,140円、
30万円の場合で言えば、得する金額は年間でMAX12,420円、
50万円の場合で言えば、得する金額は年間でMAX20,712円、

 

この金額に相当する利息を浮かせられるだけのキャパを秘めているわけなので、
使い方次第では、スマホのように絶対手放せない存在になりえます。

 

「何がなんでも利息なんて払うもんか!」みたいに、7日で返済しないと損するわけじゃなく、
7日以上借りることになったとしても、きっちり7日分の利息はセーブできるので、
年に数回借りるだけでもランチ数回分くらいの価値には相当すると思いますね。

 

返済しやすさも抜かりないのがノーローンの良いところ

短期間で返済しようとしたら、いつ、どこからでも返済しやすい環境がないと
無利息サービスのインパクトも弱くなってしまいますが、
ノーローンはそのあたりも抜かりがないようです。

 

いつでも、どこにいても、比較的身近なスポットといえばコンビニですが、
以下のような主要なコンビニATMが利用できます。

セブン銀行ATM    ローソンATM    イーネットATM     イオン銀行ATM

 

*イーネットATMは、ファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクス・スリーエフなどに設置されています。

 

さらに、リアルタイム返済と言うんですが、ほとんどの金融機関口座から、
インターネットで24時間リアルタイムで返済が可能です。しかも振込手数料無料。
これなら、どしゃ降りの雨の中コンビニへ足を運ばなくても、
夜中に思い出したら、すぐスマホを操作して返済することも可能です。

 

 もしもの保険の意味で持っておく価値がある!

 

「給料日まであと1週間あるのに、お金がない。2万円でいいので何とかならないかなあ?」
みたいなことって年に一度や二度はあると思います。

 

仮にないにしても、入会金や年会費がかかるわけでもないので、
保険のつもりでカードだけ作っておくというのもアリだと思いますね。
万一の時に頼るところがないということほど心細いものはないですから、、。

 

使い方次第でメチャクチャ得するオススメの業者ノーローン

ノーローン

新生銀行グループ「ノーローン」の1週間無利息キャッシングの最大の特徴は、完済した日の翌月にまた1週間無利息で借りられることです。そして同じ条件を満たせば、何度でも利用できるという大盤振る舞いで、初回借入れ時のみの無利息サービスの業者の追従を許さない強みがあります。
毎月の返済でポイントがたまるなど、利用者目線のサービスが多いので、少しでも得したいという人はオススメです!
楽天銀行と相性がいいサービスがあるので、楽天銀行の口座を持っている場合は要チェックです!

実質年率

利用限度額

審査時間

即日借入

総量規制

4.9%〜18.0%

1万円〜300万円

最短即日

可能

対象

ネット申込の環境

申込年齢

返済方式

ネットのみで完結

20〜69歳

借入金額スライドリボルビング方式